2016/11/26(土)

日曜日は天気悪いとの予報から、土曜は鳥見したいなぁと思い、仕事明けとなるのだが、鞄にニコ1 V1とコボーグを潜ませた。 台場から近い葛西臨海公園へ行ってみた。

_dsc5221

マミチャジナイもアマサギも抜けていたが、何かは撮れるよねと。
V1とコボーグの220×2.7=594mmのお手軽装備 だしね。

今回は、ニコ1マウントに直コボーグではなく、FT1つけていたので、ファインダーの拡大機能が使えた。
初めて知ったけど、3段階の拡大も可能なんだね。手ぶれ補正がないので最大拡大はブレブレで使えなかったけど、山勘ピントの歩留まりが少し上がった。
それでもジャスピンはほぼなく、改めてAutoFocus、機械ってすごいね~と思った。
そして、小さく軽いカメラに約600mmはホールド感?バランス悪く、ブレ(ゆれ)が止まらない。
一番いただけないのはV1の1枚でも撮った後のブラックアウト。飛び物では実用にならないレベルだと再認識。 逆にずっと連写していればブラックアウトのイライラは少し防げる(笑)。 電子シャッターは連写でのシャッターブレないので2枚目以降も歩留まりいい。なるほどとびっくり。僕のK-5ⅡSでは2枚目は必ずブレ、3枚目以降もかなりのブレ度で今連写はあまりしなくなっているのでねぇ。
V1の時代はとうに過ぎ、現役ではあまり見なくなったが、ニコンのカメラって基本はしっかり押さえて作ってあるんだなぁとしみじみ感心!w。

思いがけず、”撮り鳥ブログ 週末は撮り鳥!”のTさんにもばったり会えたし、そこそこ鳥撮りの気分を味わえたお手軽ニコ1コボーグ撮りでしたw。

 

今季初見のカンムリカイツブリ。 ボケボケ~
_dsc5002なんとか潜るところを捉えたかったが・・・、ハジロさん。
_dsc5496_dsc5498

 

椋鳩十? ってバカなw。十ならず7羽しか写ってなかったw。 小学生のころよく読んだなぁ。
_dsc5001

さて、ミサゴさん!
_dsc5082_dsc5074

_dsc5251

この後飛び込み、大物ゲット。 ご満悦

_dsc5282

が、トビに狙われてた。
_dsc5271ノスリさん。それなりの近さだったが・・・・・・。
_dsc5167_dsc5184

_dsc5187

 

カモ類、氏原巨雄、道昭さん親子の識別図鑑買ったのだが、よくわからない。
スズガモかホシハジロ かな。 動いているのはコガモのみ。
_dsc5225

ハシビロガモ
_dsc5196

何千羽も集まっているというスズガモ達を見てみたかったのだが、あまり見られなかった。
_dsc5572

ちょぼちょぼって感じ。

_dsc5449

 

キンクロかスズガモか?
_dsc5086

君は?_dsc5329_dsc5305逆光も光ってきれい。
_dsc5295ヒドリガモにオオバン
_dsc5126オオバン、解像させたかったが・・・・・・。
_dsc5237

ヒバリ
_dsc5552ジョビコ。
_dsc5156

シルエット
_dsc5138

最後はイソヒヨドリが遊んでくれたw。
_dsc5316_dsc5382_dsc5372_dsc5418

_dsc5442-2

BORG36ED + スリムフラットナー1.1× + NIKON1 V1  、 一脚サポート。

続きを読む "お手軽、葛西。"

2016/07/02(土)

1000枚を超えるRAW画は、確認で見るのもだんだんと面倒になり最後はもう適当(笑)。

_IGP5528
今32GBのSDカードを使っていて約1000枚撮れる。 画素が上がると撮れる枚数も減る。
カメラ買替も念頭に、128GBのSDカードを買い足そうと考えていたが、64GBにしとこうかなw。
いっぱい撮れても疲れるばかり(笑)。
速さも進化してるよね。 UHS-ⅠU3 対応の安いもので¥3,680-。

 

ペンタのK-1はUHS-Ⅰでいいんだが、今度出た富士のX-T2はUHS-Ⅱ対応なんだよね。
これだと64GBでも約1万円。
今のカメラはclass10にしか対応してなくてUHS-Ⅰも無意味なんだが・・・・・。
先を見越して高目のカードを買っても、カードもカメラもどんどん進化して陳腐化していくからね。
まぁ、でもこのトランセンドは結構安くなった感あるね。

 

連結!w。  雄雌は識別できないが、多分♂から♀へエサ渡し? なんだかカラスみたいになった。連結101

連結102

カタツムリの殻っぽい。
_IGP5545そんなの食べさせるの?と思っていたら、wikipediaのブッポウソウにこう書いてあった。

巣の中や周囲には貝類の殻、プルタブ瀬戸物のかけらなど光沢のあるものがあり、ブッポウソウがこういったものを集めることが知られている[3]。この習性はヒナがこれらの堅いものを飲み込み、消化器官の砂嚢に入れておく事で、昆虫の堅い殻をすりつぶす為に親鳥がヒナに与えている事が明らかになっている。

なるほど。昆虫も甲虫類 多いもんね。
これは、蝶か蛾だけど
_IGP5714これは硬そうなカナブンかハナムグリ。
_IGP5913これはセミっぽかったw。_IGP5619

 

飛びつき。
_IGP5753かろうじてひなの嘴が見える、給餌。
_IGP5896-2飛び出し
_IGP5623

暗かったけど、SS1/3200だとビシッと止まっている感あるね。
_IGP9955
途中、トビがカラスに追われていた。
_IGP5879よく飛んでいたイワツバメも狙ってみたがボツばかり。
_IGP0997流し撮り風にSS落としてみた。1/400
_IGP0950

 

こんなところですね !(^^)! 。
さて、せっかくの週末の今日は雨。 何しよう?

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、三脚
AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、手持ち。

続きを読む "ブッポウソウ3 (了)"

2015/11/07(土)

今日はオートバックスで1日車検を受けている間(10:00~14:00) 多摩川を散歩。
是政橋の少し下流から多摩川に出て、稲城大橋を越え、多摩川原橋の手前まで。
往復で約6キロを4時間でBORG片手に。

_IGP0306
先日鳥友さんがアリスイを撮られていたので期待して探したが、私の鳥運では無理だったw。
水辺でカイツブリ、オオバン、カルガモとハクセキレイ、セグロセキレイ。空にトビとチョウゲンボウくらい。
冬鳥は感じられなかった。 まぁ、ジョビ子さんとカイツブリは冬羽だったねw。
_IGP0339今回の車検、手痛い出費だったが、勉強になった。
今、損害保険会社にお世話になっているので自賠責は自分で処理し、会社で紹介されたイエローハットで見積もりを取った。 すると24万円でもっとかかるかもと。 エ~、愛車は初度登録から13年目の軽自動車パジェロミニ。7,8万円くらいかかるかなぁとの予想が・・・・。まだ走行5万キロちょっとだけどさすがに古いから~?。 ショックを受け お願いはせず、その足で ここ2回お願いしていた車検館さんへ持って行った。すると約14万円。 まだ高いけど少し安心したw。指摘事項も結構違ったので、もう1店 オートバックスへ。

_IGP0391

ここでも約15万円。 ただ、指摘は車検館とほぼ同じだったのでやっと冷静に判断できるようになった(笑)。
そもそも中古で3年前に60万円で仕入れた車。三菱車だけどトヨタUcarからの購入だったので、ディーラーのトヨタさんから車検の案内来るが、専門外との判断からディーラー車検にこだわらなかった。前オーナーは新車時からずっと三菱ディーラーで車検受けてたようだったし。乗ってて違和感もまったくない良く走る車。  でも車検24万と言われたら廃車も検討しなきゃいけないレベルだった。

_IGP0360

車検館さんも対応は良く、不満はないのだが、今回は対応も良く、見積もりで少しずつ工賃も部品代も安かったオートバックス稲城さんでお願いすることにした。
結局、大きな修理項目はなく、消耗部品のブレーキパッドやタイロッドエンドブーツ等の交換でも8~9万円かかった。おおきかったのがタイヤ交換だったが、最小限の前2本のみの交換にしたので総額12万5千円。よしとしましょう!

_IGP0437

黄帽では、マフラーもバッテリーもクーラントも交換要で・・・と言われたので。前回車検時は何にも換えず5万円台だったのでちょっと高めだが、今後の乗換えや ヤフオク半額で落とせる後タイヤ交換も視野に入れて車検終了です。

_IGP0445

教訓は、今回もディーラーではなく、安めの大手チェーン店に持って行ったが、各社で随分見積りが違うし、スタンスも違うということ。 紹介があったにもかかわらず受けたくなさそうだった、薄暗く閑散とした店内の黄帽さんへ行くことはもうないでしょう。 反面、いつも活気があり若い人の挨拶が元気な店はやはりいいんだなと。 会計も明朗で一番わかりやすかった。あとは故障ないことを祈るのみw。

最後、歩き疲れて座ったベンチの真上の木にシジュウカラがばんばんやって来た(笑)

_IGP0562_IGP0498_IGP0559_IGP0566

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、  手持ち。

続きを読む "車検の間の多摩川"

2015/9/20(日) つづき

鷹の渡り見といったらやはりサシバ、ハチクマ。(一度は九州のアカハラダカにも行ってみたい)
今年はハチクマに会えてないので、3度目の正直にチャレンジするかなぁ、悩むところ。
サシバ、ハヤブサ、ノスリ、トビ。遠くのを無理やりトリミン感満載だけど。

_IGP8356_IGP8407_IGP8431_IGP8635

 

着いて直ぐ、唯一近くを横切ったんだけど間に合わなかった。
_IGP8218ノートリでこんな遠くへ行っちゃった。
_IGP8314

_IGP8313その正体は  ハヤブサくん。
_IGP8319ノスリも遠いね
_IGP8283_IGP8278帰り間際も
_IGP8807トビもなかなか上手くは撮れない。
_IGP8648AF-BORG67FL + K-5ⅡS (換算765mm)  、 一脚サポート。

続きを読む "鷹の渡りっぽい画"

2015/05/17(日) のつづき3。

フクロウ、トラフズク 以外の鳥さん。
過去、初夏に来たことはなかったかなぁ~。 フクロウの巣立ち時には数度来ているはずだが、葦原が緑でとっても気持ちいい。 野焼きが上手くいっているんだね。
_DSC4143_DSC4139
湖は今まで来た中で、一番水かさが多かった。水際の鳥には厳しい環境?。
_DSC4154
期待したコアジサシは、5,6羽確認出来たが、広い湖なので一瞬で飛んでいった感じ。
_IGP0659_IGP0649_IGP0663もう真夏なみの暑さ。 ヨットやウィンド、気持ちよさそう!
_IGP0670_IGP0672葦原?ではオオヨシキリの大合唱。 至る所でギョギョシが聞こえる。
_IGP0611ハイキー調
_IGP0590ツバメ
_IGP0586-2ヒバリ
_IGP0725_IGP0726トビ
_IGP0759キジ
_IGP0781やはりここは、バーダー天国。
楽しい1日だった。

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765)  、  手持ち。  風景はNIKON1V1 + 10mmキットレンズ。

続きを読む "オオヨシキリ、コアジサシ その他。"