2016/12/18(日)

ここのところ好天が続いている。 絶好のハイチュウ、コミミ日和?
断続的に夜勤バイトが入っていて、体力的にも遠出が出来ない。んん~。

主である稲城市の鳥=ただのチョウゲンボウが留守がちなMy Fieldは寂しめ。

K-3Ⅱの第二弾はWagさんの鳥(笑)を等倍で。
“Bird Focus”さん風にコントラストをグッと落としてみた。

(クリック等倍)

この、コントラストを落とす手法、好き嫌いが分かれると思うが、鳥の特に白っぽい羽がなんとも光ったような艶のある感じになるよね。僕はわりと好き。 PENTAXの画は元々コントラストがはっきりしたクッキリ系なので十分いける気がする。 逆にもっとコントラスト上げてバッキバキに仕上げる”ぶらり自然散歩”さん風の画も嫌いじゃないけどねw。

やっぱりカメラの進歩は凄いね。
24百万の高画素でブレによる歩留まり低下を心配したが、手ぶれ補正の好影響?なのか、K-3Ⅱだといとも簡単に今まで以上の解像画が撮れる感じ。すごい。

 

枝枝かぶりのアオゲラさん

ペンタのK-5で始めたBORG撮りだけど、当時は他社機と比べK-5は高解像方向へ振られていたので、BORGとの組合せでこんな画が撮れるんだ!とびっくりした。
K-5ⅡSでローパスフィルターレスとなりさらに一段高解像へ進んだ。BORGとの相性もピカ一だった。


このころから他社もローパスレス主体となり高解像方向の機種が次々と出た。NIKONのD810とかオリンパス機等が相手だと、解像面でも、もうBORGの優位性はあまり無くなり、マニュアルの面倒くささと、純正外レンズで最新機能が使えない等デメリットの方が目立つようになり、BORG使いだった鳥友さん達も次々と純正レンズ仕様へ帰っていったw。
これはこれで良しだと思う。 一度BORGでブレとピントのシビアな世界を経験することで、腕も上がり、よりカメラ趣味がおもしろくなるように思う。

 

そこに来ての、このK-3Ⅱ。K-1はもっと良いに違いないが、まだまだBORG+PENTAも捨てたものじゃないなと感じた。
今後はあまり言い訳せずに(ホンマかいね)精進、精進だね!

AF-BORG67FL + K-3Ⅱ (765)  、 手持ち(一部一脚サポート。)

続きを読む "コントラスト"

2016/03/19(土)

早朝は明るめだったがすぐ雨になった。週末の雨はうらめしい。
そこで、機材小物ネタw。 先週のMF写真。

ホルスターというと西部劇の拳銃を腰にさす、ガンホルスターを連想するが、
_IGP5086これ。ベルトに通して一脚を固定する。 約2年前から使っている左と最近使っている右のもの。
こんな(下画の左)感じかな。
Brfw5RzpQVS8._UX970_TTW_

なんとか手持ちでブレを減らしたいよねと、カメラの手ぶれ補正のみに頼らず、肩当て
を使ってみたり

 

UN カメラホルダーDXI UNX-5751
ユーエヌ
売り上げランキング: 212,091

ファインダー上におでこ当てしてみたり 、ストラップを肩に回してテンションかけて固定してみたり、ケント白石さんのように肩の上にカメラ乗っけて固定したり。
いろんな工夫があり、それぞれに効果がある。 あとは好みなのだが、
私は、一脚サポート として、ホルスターを使うのが一番しっくりくる。

 

ジッツオだとこんなだがw

GITZO ホルスター 一脚 GC5330
ジッツオ
売り上げランキング: 64,409

 

今一番気に入っているのは
100均で買ったドライバーやペンチ等をいれるホルスター。(1枚目の右のもの)これで十二分使える!

 

_IGP5325

 

合わせる運台は、チルトだけできるこんな感じの一脚用の運台?が使いやすく、

私はベルボンのFHD-51QNをパーン棒をとって使っているけど。

Velbon ビデオ雲台プレート付き FHD-51QN アルミ製 470102
ベルボン
売り上げランキング: 144,411

横に置くと水平がどうもとれない違和感があり私はベルトのバックルがある真ん中で使う。

 

_IGP5354

これで、手持ちよりは、はるかにブレが少なくなり、一脚を普通に使うより断然早く被写体を狙える。
一脚はナット式?(回して脚を伸縮する)ではなくレバー式の方がいい。飛び物を狙うには、左手一本で素早く頻繁に伸縮をする必要があるから。回すやつだと両手が必要になるw。

カーボンの軽い一脚がいいね~。
よく参考にさせて頂いているmonopodさんの過去記事から、これがほしいんだけどねw。

 

Velbon 一脚 エル・ロック Geo Pod E76S 6段 大型 カーボン製 478740
ベルボン (2013-08-23)
売り上げランキング: 90,072

へへ。 まぁそれでも絞りを付けて少し重くなって安定してからは何も足さない手持ちの方が多いかなw。

_IGP5342_IGP5474-3_IGP5442

 

おお、なんだか晴れてきた。 明日は鳥見できそうだね!

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、 手持ち。

続きを読む "一脚ホルスター"

2016/02/14(日)

デジカメinfo さんの画像だけど。 とうとう来るね、ペンタのフルサイズ。

pentax_k-1_grip_f001

いいね~、カッコイイ。
メインカメラをK-5ⅡS  ⇒ K-3Ⅱにしたいところなんだけど、一足飛びにK-1 がイイね。
ま、子供が大学卒業するまでは資金難なんだけど(笑)。

今日の広域MF12。 手持ち77EDⅡで回った。_IGP2350

BORGで鳥捕り始めて、ブレ防止の重要性を痛感した。 絶対レフ機じゃなくミラーレスが有利だと思った。シャッターも電子シャッターだと思った。
だけど、いろんな人のブログを参考にしていると センサーサイズと画素数、出てくる画はD810なんかがイイなぁと感じる。 ボケぐあいとノイズの少なさ、やっぱりフルサイズに軍配だよねと。

_IGP2579
マイクロ4/3の5軸手ぶれ補正ローパスレス電子シャッター機。2倍となる焦点距離で鳥捕りには最適な素晴らしさ。でも、高いISO時のノイズ感が・・・。 ほんの少しのボケ具合が・・・。 BESTとは言い切れない。

_IGP2389
フルサイズのミラーレス。ソニーの独壇場。イイけれど値段がバカ高すぎる。手ぶれや操作性等、2強を含めた他社も作り始めるのを待ちたいね。
次にはAPS-Cセンサーのミラーレス機。 Fuji には期待しているのだが、BORGではいまいち解像しない評判。 J-PEGの記憶色は素晴らしいようだが、RAW撮りの鳥屋にはさほどの魅力はねぇ 。

_IGP2402
そこで期待のK-1。 36MPのフルサイズ。ミラーが有りデカくなるのだが、ショックを最小限に抑える技術とコンパクトに凝縮させるのがうまいペンタさん。 色つくりと使い勝手と低価格はどれも大好き。 レフ機ではあるがBORGのレンズ力を最大限引き出せそう。 ん~、むむっ! ほしいねぇ。

_IGP2288

フルサイズの一眼と、 動画撮りやスナップ撮りも含めたコンパクトなm4/3かAPS-Cのミラーレス。
今はまだ2台体制がベストなんだろうねぇ。

 

AF-BORG77EDⅡ+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約910)  、 手持ち。

続きを読む "うわっ、かっけー。"

2015/12/26(土)

いよいよ今年最後の土曜日。 My Field にしている近所の公園詣でも45回目。
主のチョウゲンさんには会えなかったが、ジョビ子さんたちが遊んでくれた。
わりと近め(10M内くらい)もあったので、大きくトリミングしてみた。
完全手持ちのAF仕様67FL(35mm換算765mm)。
SS1/500 程度で撮ったがやはり微妙にぶれてるね。 三脚で固めたらもう少し解像すると思う。
77とレンズ付替えたりしたのでAF微調整も変わる。 変えるの忘れるし、毎度調整はしないので適当になる分解像感イマイチ。  ホント難しい。

 

ノートリ1枚
_IGP4558
_IGP4567_IGP4608_IGP4580_IGP4614

モズっち
_IGP4676_IGP4651_IGP4661

メジロさん
_IGP4704_IGP4714

シーズン初?のツグミとシメ
_IGP4746_IGP4520いつものキセキレイさん
_IGP4682

 

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、  手持ち。

続きを読む "MF045"