2016/08/14(日)の国際松濤館全国大会の続き。 動画を少し。

前回、 コンタクト派(極真派)と寸止め派(伝統空手)と最初に大きく2派にわかれる話をした。もう少し違う切り口で。

団体型_IGP9546

相対する2人の距離感の話。

沖縄発祥の歴史の中で、
2人の距離が近い、接近戦を得意とする①那覇手 と、
2人の距離が遠く、距離をとった間合いから相手の懐に飛び込む遠隔戦を得意とする②首里手 と呼ばれた派がある。
体の大きい人は俊敏性よりもパワーに勝り、接近戦で打ち合う方が得意。
体の小さい人は俊敏に、飛び込んでは離れ、また飛び込むという戦いが有利。
てな感じで、那覇には大きめな人が多かったんでしょう。
その流れで説明すると、

①那覇手 ⇒ 剛柔流   ⇒ コンタクト派
②首里手 ⇒ 松濤館流  ⇒ 伝統空手

こんなイメージを持つ。

_IGP9544

剛柔流は伝統空手の一派なので、ちょっと変な分類となっているが。
コンタクト派を始めたのは大山倍達氏。この人は松濤館流で空手を始めて、剛柔流へ行って、それから極真会を立ち上げた。
パワーが持ち味の人だったので、剛柔流の方が体に合い、それで飽き足らずフルコンタクトを始めた。
だから、コンタクト派は今でも接近戦で殴り合っているイメージが強いんだね。

接近戦だと、どうしても防御しきれず殴り合う。この痛さに耐える体つくり、精神力が重要になってくる。
遠隔戦だと、防御、攻撃の技術や間合いのつめ方や速さが大切かな。

ボクシングを見てもわかるように、最初は離れてフットワークよく動いていても最後は打ち合いになる。でそうなると接近戦、遠隔戦なんて関係なくなる、というか、接近戦だね。 これが実際なんだけど、
空手は一撃必殺!なので理論上、遠隔戦でも一撃で倒せたら打ち合いはなしでいい。

まぁ組手競技にかんする限り、接近、遠隔、どちらの技術も必要で練習すべきなのだが、

流派によって、重要とするところ、練習方法も全然違うということ。

最後に、あまたの流派、団体があるが、全空連(ぜんくうれん;全日本空手道連盟;JKF)がまとめる伝統空手について

伝統空手は、4大流派がメイン。
・松濤館流、(しょうとうかん)・・・全体ではこれがメインストリーム。
・剛柔流、 (ごうじゅう)  ・・・型はこちらの方が見栄えする。
・糸東流、 (しとう)    ・・・関西ではこちらが主流派。
・和道流、 (わどう)

女子型2位 りえちゃん

加納治五郎が、あまたある柔らの術を、講道館流を柱に柔道としてまとめ広めたように、

空手は、船越義珍(ふなごしぎちん)が沖縄から本土に空手を持ち込んだ。
氏の流派が松濤館流と言われ、日本空手協会(JKA)へ継がれてきたのでこの松濤館流が最大派閥。(私の所属する国際松濤館は、JKAから分派したもの。)
オリンピックは全空連中心にこのラインを軸に進むのかなぁ?。
船越義珍翁は”空手に先手なし” と言った。
組手で 後の先(ごのせん) や 待の先(たいのせん)の意識が強くなると、カウンター狙いのパターンが増え、見る楽しみは減るかな。 先の先(せんのせん)でズバ~と攻めて一瞬にして圧倒的に勝つ選手が見たいねw。

 

そうそう、空手は組手だけではないし、型の面白さは何とか一般に伝えられるようにしたいなぁ。

女子型 優勝

武道精神はあいさつやけじめ礼儀のピリッとしたところに重きがあったりする。
そこが、親が子供に習わせたい主な要素だったりするよね!
さらに、護身術、生きるすべ?としては、第一に逃げるが勝ち、もめ事に巻き込まれないが最上ということになる。

松濤館流の道場訓を掲げときまする。

一、人格完成に努むること
一、誠の道を守ること
一、努力の精神を養うこと
一、礼儀を重んずること
一、血気の勇を戒むること


先生にも大きく左右されるが、 コンタクトを主眼としない我が流派は、
怖くなく、痛くもなく、体幹が鍛えられたきれいな姿勢の体の動かし方が身につき、
武道の礼儀作法もしっかり身につく、子供に一押しの空手だと思うな(笑)。

国際松濤館
本部道場
荻窪支部ブログ

PENTAX K-5ⅡS  + DA18-55 (27-82.5)

続きを読む "空手の話2 (子供にお勧めw)"

2016/08/05(金)

とうとう私のメイン機、BORG67FLが生産中止になってしまいましたねぇ。
中止は77か、89か、とも思いましたが、最近話題に登っていなかったので、やっぱりという感じ。

67fl0011

待ちに待って発売された感のあった300mmレンズ。
2枚玉レンズの300mm、f-4.5というのは、一般レンズのサンヨンとほぼ同等。BORGの中では大変取回し良いレンズですが、一般レンズの取回しには劣る。しかもサンヨンは各メーカーとも切れのあるレンズが多い。敢えてBORGにするメリットが出せなかったですかね~。周辺流れやボケ感ですかねぇ。

7/16MFのカワセミ、 オニヤンマ?_IGP7318

_IGP7340

 

私の場合、PENTAXのAFアダプター(1.7倍)使ってのAF-BORGにする限り手持ち撮影では最良の選択と思っていました。いや今も思っています。
APS-C(1.5倍)だと、フルサイズ換算765mmの焦点距離となり、レンズが短く取回しは最高です。クローズアップレンズが必要ないのもいいんですね。 BORGのベストセラー、71FL(400mm)だと快適にAF動かすためには余計な?クローズアップレンズを入れなきゃならない。ので67とほぼ同じ焦点距離となる。また、レンズの長さが長い分、手持ちの取回しでは劣るといことになる。 まぁ、67と71では4mmしか直径差がない300mmと400mm。物理的な光の量は似た感じですしね。 周辺気になればスリムフラットナー1.1×つけてもいいし。
メーカーサンヨンだと、テレコン入れるとキレが厳しくなり、1.4倍限度?のイメージですが、BORGだと1.7倍でも十分な解像力。 で、敢えてBORGにこだわるメリットが十分あると感じていました。

8/1多摩川で見かけたモズの幼鳥
_IGP8287

軽く小さく、お手軽なニア800mmのBORG画質オートフォーカス! って思います。

三脚前提だと、90FLの方が71FLに勝ると感じるので、 手持ち67FLと三脚90FLの2本立て。 もしくは71FL一本で手持ちも三脚固定も済ますってイメージだったんだけどなぁ。
まぁ、AFではなく、直焦点等となると話は変わってきますけど・・・・・・。

8/1MFで見かけた遠くのオオタカ
_IGP8268

ちょっと残念ですが、天体を含めたBORGの進む方向性は今、悩みどころでしょうからね~
ショウガナイかもですw。

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、 手持ち。

続きを読む "BORG67FL生産中止"

2016/07/30(土)

暑い。良い天気だった。毎度のMy Fieldの公園、チョウゲンさんもいなかったが、久しぶりに鳥友さん数人と会えて話が出来、ホッとしたw。
三脚禁止いらい鳥もいなけりゃバーダーもいなくて閑散とした感じだったので。
まぁ、ノーシャッターでお昼のパンだけ食べて撤収(笑)。

MFへの行き帰り、なぜか近所の公園での草野球が少し盛り上がっている??
調べてみたら、第61回全国高校軟式野球の東京地方大会で、準決勝だった。

往きが、早大学院VS日体大荏原。 帰りが日大一高VS安田学園
硬式は神宮球場なんかでやるのに、軟式は稲城くんだりで準決、決勝 なんて かわいそう。
応援も少なめ。

でも一生懸命やっていて気持ちが良かった。 なんか軟式のボールはなかなか前へ飛ばない印象だったが・・・・・・。

 

外野のライト=センター間の芝生席から、打つ瞬間を撮ろうと、シャッター押す練習してました~w。

_IGP7879

これはバント
_IGP7827

らくらくアウトだね。_IGP7846

当たれ!
_IGP7864_IGP7852これじゃボテボテだ
_IGP7867空振り。
_IGP7887

もちょっと。
_IGP7899これが今日一? 当たった直後かな。ヒットだったよね?
_IGP7883
参考にさせて頂いているmonopodさんの自立一脚を丸々パクらせて頂きました(右の仕様)w。 m(_ _)m 。
今回BORG67で試してみた。軽く小さく、なかなかの感じでした。

1_201607122314067dc

バックスクリーン脇からの撮影で遠いこともあるけど、ピントが甘いね。

高校球児ガンバレ!!

 

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、  一脚。

続きを読む "高校野球"

2016/06/05(日)

午前中は雨。 上がった昼前くらいにMFへ。 90FL手持ちで、まだまだ試したいので。
○ AF微調整。 狭い家の中だと10mくらいの距離を取りづらいので、簡易に手持ちのままMy Fieldでやってみた(MFは三脚禁止中w)。 正確にはわからず、少し後ピンな感じなので、こんなもん?と動かすと、67FLと同じ+4くらいに落ち着いたので取りあえず+4に決めた。
○ 少しでも軽くしたい気になったので、絞りを外しドロチューブホルダーDXに代え長さ調節したら具合いい(手持ちの持ち易さがね)。いろいろ変えるだろうが、これからこんな感じでやってみるかなぁ。

90FL手持ち絞りなし

AF-BORGを始めたころの77EDⅡの手持ちと似た感じで使えた。ちょっと重いかなくらいな感じ。AFアダプターも昨日と違いビシビシっと合焦してくれた(笑)。 手持ちの具合って、つくづく kgではなくて、バランスとか持った感じと体力のマッチングだと思う。 ほんの些細なgで大きく感じが違うよね。 今回は長さ調節の為に、【7508】2インチホルダーSを入れたことによりねじ穴から空気が抜け、ドロチューブDXの滑らかな動きが使えるようになった。穴なしかSSの穴だとまだ空気の抜けが悪くドロチューブがうまく動かせずイライラしていた。

まだまだ、画はイマイチだけど・・・・・。

_IGP4825

すごく大きなもの咥えてきた。 少しグロテスクですが・・・自然界とはそういうものだね。
_IGP4811

何故かオナガが執拗に攻撃していた。オナガの雛を襲ったのか?と思ったがムクドリだった。
_IGP4839_IGP4847あまり動じてはいなかったが、少し動いて方向代えて・・・。
_IGP4970_IGP4913_IGP4924

こんなのも飛んだ。手持ちチェック、チェック。

_IGP5203

ゴイサギ。子供のホシゴイだね。
_IGP5137_IGP5135_IGP5230_IGP5262北の子たち。 今日のところはまだお出ましにはならなかったw。

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、  手持ち。

続きを読む "MF31"

2016/06/02(木)

そう言えば、5/31は世界禁煙デーだった。 5月31日(火)~6月6日(月)は厚労省定める禁煙週間。
2012年の5/31に禁煙外来に通い始めて以来、禁煙期間も4年になった。 もう一生喫わないぞ、と心に決めているが、未だにふと喫いたくなることがある。

_IGP8704
清原には執行猶予4年がついたね。タバコでもそれなりなんだから、麻薬となるとこれからの4年は結構しんどいんだろうなぁ。 うまく立ち直ってほしいね。

_IGP7341

いつも どうやったらあんな解像画が撮れるんだろうと参考にさせて頂いている、師匠(かってに弟子入りしている:笑)のyumeoibitoさんがBORG101EDⅡ等を使っていたことがあると知り、びっくり。とってもうれしかった反面、ゴーヨン、ハチゴロウへ戻って行かれた事実はけっこう重いなぁ。 あきGGさんなんかもBORGは一過性だった感あるので。

_IGP7578

自分の中では、まだこれからフルサイズや高画素機へ代えられる伸びしろと、Lightroom4を最新の6へ代えられるノビシロ(言い訳の逃げ道)を確保することで自分の画の稚拙さを納得させていたところがある。 BORGもまだ使っていない71、90、107のFLがあるしね、と。
トリミングし過ぎて破たんしていたり、色や明るさを持ち上げ過ぎてザラついていたりしても次回こそは!と思いながら 平気でブログアップしている。

_IGP9906

他にかってによく参考にさせて頂いているkokotonさん、yuusan36さん、dosmanさん、闘将Nさん、fukageshさん、気まぐれ探検隊さん勝どき村長さん、やクマタカ族?のtubasaさん、野鳥フレンドさん達のノイズの少ない美しい画へ憧れながら、ね(^o^)。

_IGP9972

ボツにしてた蔵画w。

続きを読む "徒然 6/2"

5/2(月)。 電車はスカスカかなぁと思って出勤したが、多少空いていた程度の印象。案外みんな仕事しているね(笑)。 今いる損保会社は、大卒新人さんが、1か月の研修が終わり配属される日だった。 4月から急に混みだした電車。連休明けは五月病なんかで案外空いてくるかもしれないw(^^;)。

29,30,5/1のチョウゲンさんの画。
_IGP9401

4/28日に魅力的なカメラが3つも同時に発売された。
CANONの1DXMarkⅡ とNIKONのD500、それからPENTAXのK-1。
予約して首長待ちだった方々は勇んで試し至福の時を楽しんでいる連休でしょうか。
残念ながらどれも今の自分には手が出ない状態ですが、あれこれ考えるのは楽しい。

_IGP9452

BORG使いのバーダーとしては、 バックの花やボケを最大限考慮した芸術的な作品というよりも、まだまだ 鳥を鮮明に解像させた画として撮りたい気マンマンなので、等倍にしたとき、画素数が多いカメラの解像感が優先度1番かなぁ。鳥は800!(鳥撮りには焦点距離800mm)が2番目。
フジノさんがおっしゃっている意見に同感ですかねー。

フルサイズで現在のAPS-Cの 2400 万画素に見合う 5600 万画素ぐらいの画素数と、同等の連写速度があればトリミングで使うのも良いでしょうが、
K-1は 3640 万画素ですのでAPS-C分は約 1540 万画素、
連写速度がフルサイズで 4.4 コマ/秒。
2009年発売のK-7が 1460 万画素、5.2 コマ/秒ですのでそれと同じぐらいです。
APS-Cの 2400 万画素等倍でビシっと来た時の解像感を味わった者がその画素数に戻れません。
APS-Cでもトリミングしている人が、フルサイズで撮って結局APS-C相当分より小さくトリミングしてたら何してるこっちゃ分かりまへん。(笑)

_IGP9467_IGP9500

PENTAのK-3ⅡがAPS-Cで2400万画素。 K-1をクロップするとAPS-C換算で1540万画素なんですね。いま使っているAPS-C機K-5Ⅱも1628万画素なので、ゼンゼン変わらない(笑)。
そもそもは、高画素化競争は無意味と思っていたのですが、鳥の羽毛を等倍で写すフェチな領域へ踏込んでくると、K-3Ⅱに軍配ですかね。 BORGとセットであの解像感はある意味完成型。
値段も25万円⇔9万円ですからねぇ。

_IGP9536
鳥撮りではない違う使い方(風景等)も考慮するとK-1とっても魅力ですが、 K-3Ⅱへの買替えを検討くらいに落ち着く感じですねw。 もちろんキワモノのBORG前提ですw。
前提外したら、NIKONのD500に200-500mmレンズの組合せは鳥撮りにはBESTじゃないでしょうかね? 今まではCANONの7DMarkⅡに100-400mmが最良で万人受けと思っていましたが・・・・・。
画としては名人エチュードさんがおっしゃるようにD810がイイとなると、K-1もやっぱり魅力かなぁと思いますが・・・・w。

で、昨日はD500を実戦投入して見たのですが、ま、それなり・・・と、言った感じですね。
解像度はD810には及びませんが、AFの合焦はかなり速いです。

 

ともあれ、鳥友さん達が新兵器つかって撮られるのを楽しみにしたいと思います(笑)。

 

鯉のぼり
_IGP9376_IGP9528日陰
_IGP9532日向に出た。
_IGP9534これも日陰
_IGP9559日向へ~
_IGP9560右足でエサもって♀を呼ぶ
_IGP9408出てこずあきらめてお持ち帰り!
_IGP9409も一度呼ぶ
_IGP9424今度は出て行っちゃった!?
_IGP9425難しいねw。
_IGP9549

 

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、 手持ち。

続きを読む "ゴールデンウィーク前半2(カメラ談義w)"