2017/04/09(日)

直近の鳥撮り、一週間前4/2(日)に寄ったMFの写真を少し。黄砂なのか花粉なのか少し距離があるともうぼんやり。粉っぽいというか、何もいないのにAFが合焦する?感じ。ハハ。

4/5水曜日、稲毛にある放医研(放射線医学総合研究所)病院へ行ってきた。
国内に5か所しかない、重粒子線治療を行える機関。

重粒子線がん治療は、正常な組織への放射線障害を最小限に止め、がんの部位のみを狙い撃ちができ、通常の放射線治療では治癒することが困難な、「放射線抵抗性のがん」にも威力を発揮するとされている。また、「切らずにがんを治す」治療法で、臓器の機能や形態が温存できることから、治療成績の向上のみでなく、患者の治療後の社会復帰や、生活の質(QOL)の向上も期待できる治療法である。放医研での重粒子線治療の治療成績は、5年生存率で見ると、前立腺がん=約95%、手術不能Ⅰ期肺がん=約70%、頭頸部悪性黒色腫=約50%、体幹部・進行骨肉腫=約50%、再発進行肝がん=約50%、Ⅲ-Ⅳ期進行子宮頸がん=約45%などの報告がなされている。最も治療の難しい骨肉腫では、腫瘍が消失した後に正常骨組織が再生するなど、がんが制御されるばかりか、機能や形態まで温存される、劇的な治療効果も得られていると言う。また、重粒子線治療は、通常では1〜4回の照射で済み、入院期間も比較的に短く、苦痛も大幅に軽減されることからも、優れたがん治療法であると言われている。治療コストは、幾らか生命保険が対応するようになったが、先進医療指定の為に健康保険の適用にならい、かなり高額な治療費314万円が負担となることは、2007年当時と変わらない。

(Wikipediaより引用) ※2016年から、重粒子の治療は概ね健康保険適用となった。

 

昨年12月の発見以来、即始まった次男の抗がん剤治療。あっという間に、4か月が過ぎた。
いよいよ、手術か放射線治療かを選んで次のステップへ移行する時期。

苦しい2択の決断のため、夢の治療法と言われた重粒子線での放射線治療を探り、まさに治療を行っている先生に相談、診断して頂いた。

手術だと股関節ともども骨盤の広い部分を取り除くため、一生車いす生活になるかもしれない。しかし再発のリスクは減る。
一方、放射線では、患部が取り除かれないため、再発や2次ガンのリスクが残るが、歩行への影響は最小限にできる。

と思っていた。次男の病気は肉腫(骨のガン)の一種なので、引用文にあるように、まさに劇的な治療効果が得られるのではないかと期待した。

結果はNO。
やはり、放射線で焼くと骨は硬化し、時間の経過とともに もろく弱く変化していく。特に負荷のかかる股関節あたりまで患部が広がっているため、入念に照射せざるを得ず、5~10年後のQOL(Quality Of Life)は手術と同じか劣るくらいの状況になる可能性大と。

命に係わる再発のリスクが手術比較で大きくなり、長期でみるとQOLもよくならない、となれば、選択肢から外れる。 夢の治療法とはまだまだ言えない状況のようだ。

 

しかし、行ってよかった。 後で後悔することなく決断出来たと思う。
4か月の化学療法の成果も、MRIの画像から十分丁寧に説明して頂くことが出来た。
1っ歩、先へ進んだ。

 

AF-BORG67FL + K-3Ⅱ (765) 、 一脚サポート。

続きを読む "放医研"

2017/03/20(月) 春分の日

昨日に引き続きMF。
昨日は黄砂なのか? カスミがかったシーイングではっきりしない画量産。
今日は少しはましかなぁと、風もあってチョウゲンさんの舞も期待しながら。

Camera Man はとっても増えていて活気はあるのだが、チョウゲンさん、イマイチ
飛んでくれない。 オス同士のからみや、カラス等との絡みもなく期待ははずれたね。

それでも、日向ぼっこでリフレッシュ。 十分休息できた感じあり !(^^)! 。

ピントの甘い画ばかりだが大きめのSolo画でw。

 

林の裏側でアトリの小集団にハイタカ属っぽいのが突っ込んだ。
この尾の長さ、ハイタカっぽいよなぁ。

皆さんオオタカ、オオタカと言うけれど、オオタカはないな。
ツミかなぁ?

 

AF-BORG67FL + K-3Ⅱ (765) 、  一脚サポート。

続きを読む "MF(3/20)"

2017/03/19(日)

本当に久しぶりの鳥撮り。My Field。
約1か月ぶりだ。

暑さ寒さも彼岸まで、というが、ホントその通り。もう春っぽくなってきた。
年末に子供の癌が見つかって以来、怒涛の3か月が過ぎた。
一家の生活も一変したと言っていい。
でも、My Field は変わらない落ち着きがある。

やっぱりたまには好きな鳥撮りをして命の洗濯をしなきゃねw。

主のチョウゲンさん

ホビーズワールドのチゴハヤブサ マークを連想(笑)。

そんな細い枝にとまるから・・・

 

モズ子もまだいた。

 

ジョビ子も。そろそろご帰還だねぇ。

一瞬のシャッターチャンス! オオタカが間近まで飛んで来たが、遅れた~。
羽がカッコイイ形になるこの辺からもうピンボケだった。

急上昇。

先ずは最初の洗濯が出来た(笑)。

AF-BORG67FL + K-3Ⅱ (765) 、 手持ち。

続きを読む "やっぱりMFは落ち着く。"

2017/02/25(土) のMF。

天気良く、今日も日向ぼっこ。
相変わらず、チョウゲンさんはポツポツ。
モズ子とジョビ子が河津桜を行ったり来たり。

My Fieldの公園は、河津桜の若い木が植えてある。
満開を過ぎた感じ?かなぁ。いわゆる桜の季節より少し前に咲くんだよね。
今年は何か花がピシッと開いてないというか、色付きが今一つというか
惜しい感じ。 土か水か空気か がいけないのかなぁ?
過剰に木を切ったり、草を刈ったり するからなぁ。

町がきれいになるのはいいんだけど、およそ玄人の仕事とは思えないことが多い。
妙に人工的な空気感の殺風景な公園が多いのはそのせいの気がする。
多摩ニュータウンがイマイチ栄えなかった失敗の一因だとも思う。

尾根幹線道路を車で走ると、丘の上にマンション群が見え、緑に青空と相まって
とってもいい雰囲気。住むと気持ちよさそうな好印象を受ける。のだが、
住んでみると、細かい住みにくさをいっぱい感じる。

駅から20分前後、ずっと上り坂になるのは地形上わかった上で住むのを決めたが、
団地の入り口など、わざと遠回りをさせられる造りとなっているところが多い。
安全上なのか、景観上なのか、ちょっとした過剰な対策が毎日の生活にボディブローのように
効いてくる。


トオセンボのように花壇を作ったり、ガードレールを切れ目なく設置したり。
なんでこう、毎日毎日、毎日毎日、坂道を登り続けてきた疲れた足に遠回りを強いるのか?
ほんのちょっとのことなのに、これは慣れない。だんだんイライラが増してくる。

お年寄りや子供には安全で事故もなくて、いいのかもしれないが、
このほんのちょっとした不便さで、きっと、お年寄りや子供も外出の機会が減り、
ガランとした寂しい街になるんだな。住む側の目線じゃないんだ。
引っ越ししたら、もう一度住みたいとは思わないねぇ。

過剰な手入れで自然も壊れていく気がする。
自然ってある程度雑然としているもので、そこから活気が出るのであって、
だからこそ住みいい街をなっていく気がする。ハハ。

AF-BORG67FL + K-3Ⅱ (765) 、  一脚サポート。

続きを読む "河津桜"

2017/02/11   (建国記念の日)

なんだか久しぶり。 鳥撮りもMFもブログも。
今年はこんなペースでのんびりかもしれない。
家族一丸で戦う一年だからねぇ。

実際闘っているのは次男坊だけど。
副作用に耐える姿を見るのは心が痛む。
だから癒しの鳥撮りは続けるさ。

My  Field のチョウゲンさんは、例年になくシャッターチャンスが少ない。
常連さんしかいない公園も案外いい感じかもw。

10時から2時間ちょっと。いい日向ぼっこだった。

そしてチョウゲンさん

AF-BORG67FL + K-3Ⅱ (765) 、  手持ち。

続きを読む "MF(2/11)"

2017/01/28(土)

午前中昼までの2時間、いつものようにMyFieldへ。
たまにチョウゲンさんが飛び、遠くにオオタカ、ノスリがちらほら、フィールドではジョビ子さんとモズがちょろちょろ。
暖かく日向ぼっこ。 小太郎さんに機材が戻り、Chihuahuaさんと久々に話せてよかった。

ニシオジロもいなくなり、サンショウクイも見れたり見れなかったりらしい。
電車でミヤホを見に行ってこようかなぁw。

狩り。クモを捕まえていた。
いつもより暗め
コントラスト強めに現像。羽の光沢感が出したかったんだけど・・・・・・。
いつもの現像ノートリ

遠くでオオタカめっちゃトリミング。

1/25は今年の是政橋で見れるダイヤモンド富士の1回目だった。
GoogleCalenderに入れて、すっかり忘れていたら、30分前にコーションが鳴った。
自宅にいたが、ん~、さすがに30分じゃ無理だよなぁ。 頑張って行ってみたが無残。きっと今回はきれいに見えていたに違いない。

AF-BORG67FL + K-3Ⅱ (765) 、  一脚サポート。

続きを読む "MF(1/28)"