2016/06/18(土)

ここのメインはクロツグミ。 鳴き声が近づいて来てほどなく池の縁に現れる。
夕暮れ時、輪唱のように聞こえるクロツグミの声とともに水場に活発に鳥が現れ、あっちにもこっちにもと
双眼鏡を握る手に力が入る興奮はたまらない。 まぁ、写真にはならないので皆その前にさっさと帰るんだけどねw。
めったに行けない私達は出来るだけ粘るけど。。。。

_IGP8555

この日はクロツグミの鳴き声が意外と少なく、コルリの声もよく聞こえていた。
私は、このきれいな声の鳥達の聞き分けが苦手だ。 クロツグミ、オオルリ、キビタキ。
同じ系統の声に聞こえ、一度姿を見た後じゃないとどの鳥さんだったか自信がない。
コルリは始めにキンキンキンと前奏があった後、コマドリっぽい声が聞こえるイメージ。
マミジロはヒョロチィ と大きく短くが聞こえる感じかな。 でも一所懸命に聞いていると、
いつも最後はどれも一緒に聞こえ、区別ができなくなるんだよなぁ。

_IGP8371

以前友人と話していて、曲の歌詞が憶えられない度合が平均?よりかなり劣る気がした覚えがある。
メロディと一緒に聞こえてくる歌詞は、言葉ではなく、音として頭に入ってくる感じで、聞いていても歌詞の意味が理解できない。意味が分からないから憶えられないという感覚。だから何度聴いても憶えられない。 歌詞カードを見て、活字を頭が理解して初めて憶えられるんだな。 何度か聞いているうちに憶えるという友人達がすごいなぁ! と話をしたw。
なんだかそれに似た感じがあるのかもれない。YouTubeなんかで鳥の声を検索していろいろ聴いていると、もうわからなくなるね(笑)。

_IGP8571-2

水が光ってきれい
_IGP8313

 

雌♀
_IGP8526_IGP8618_IGP8564
クロツグミ、いっぱい撮るんだけど、
水浴びシーンはどれも似たようなもので、うまく表現できないね。
いつも写真はイマイチな感じで終わってしまうんだなぁw。
腕がないからBORGが泣いている!

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、  三脚。

続きを読む "避暑の池3 (クロツグミ)"

2016/06/18(土)

アオゲラ、アカゲラが来てくれた。
私の感覚では、アオゲラは近所でもわりとよく見かけるが、アカゲラにはなかなか会えない。居るにはいるんだけれど。
声もアカゲラの方が控えめで、会えると特に嬉しくなるのだが、 分布としては、
アオゲラの方が日本固有種で、本州以南≒北海道にもいないので、珍しがられることが多いらしい。
カラス族の、西のカササギ、東のオナガなんていうのにも似た感じなのかもしれないw。
映画The Big Year(日本名、ビッグ・ボーイズ)で、アメリカ人が珍しいアオゲラを見つけて有頂天になるシーンがあり、へぇ~そうなんだ!と何だかおかしな気分になったのを覚えている。

まぁ、どちらも会えてうれしい。
アオゲラの頭、雄は登頂から後ろまで赤、 雌は後頭部のみ赤
アカゲラの頭、雄は後頭部赤、 雌は頭全部真っ黒。
今回はどちらも来てくれたので違いが良くわかったよ!

アオゲラ♂。 バックして水に入り水浴びしたw。
_IGP8147_IGP8154_IGP8188

今度は♀。 赤い部分が少ないね。
_IGP8483

_IGP8467

_IGP8488

アカゲラ♂。後頭部赤いw
_IGP7917_IGP7935_IGP7955

こちらは♀。頭は真っ黒だ。
_IGP7999_IGP8000

コゲラちゃんも来てくれてたw。クロツグミと一緒で。
_IGP8061

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、  三脚。

続きを読む "避暑の池2 (ケラ♂♀)"

2016/06/18(土)

館林は35℃を記録。今日は今年一番の暑さだ。
同じ群馬県だが快適な涼しさで夏の暑い時期に必ず訪れたくなる池がある。
そこへいいタイミングで小太郎さん誘って行ってきた。

いや~下界と違って最高の気持ちよさ。
ここは暗く、鳥への距離が遠い難点はあるが種類豊富で鳥たちの鳴き声が心地よい。お気に入りの場所の1つだ。
主のnoriさんに会えるのも楽しみだが、今回は嬉しいことに ブログをよく参考にさせて頂いている、itohnoriさんにもお初にお目にかかることが出来た。
朝の8時から18時まで丸1日過ごし、いろんな鳥さんにも会えたし実に満足できる遠征となったw。

出会えた鳥: クロツグミ、マミジロ、オオルリ、キビタキ、イカル、コゲラ、アオゲラ、アカゲラ、
ゴジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、キクイタダキ、コルリ、ホオジロ、カケス。
他にも判別不明な鳥さん数種。 写真の出来は腕不足で不満だが、Birdingとしては大満足。

 

特にマミジロは数年ぶりに会えたのだが、カメラ構えていた場所からは死角に出現。大慌てで手撮りのコ・ボーグ+NIKON1 V1持って走った結果、鳥が動いて元の場所から撮っていた小太郎さんはバッチリ撮れ、ニコ1手持ちの私はボロボロというおまけ付き(泣)。
その証拠写真を貼りまする~(笑)。

今シーズン初見のオオルリさん。_IGP8103_IGP8114_IGP8511-2

 

そして証拠の眉白!
_DSC4465_DSC4470-2_DSC4475ニコワンコボーグはマニュアルフォーカス。200mmレンズでは距離不足。視度調整も出来ていない状態では無理があったね。
何故かフレアのような白いぼやっとした写真になてしまった。何が原因だったんだろう?

今週は水浴び鳥さんを現像しいしいアップだなw。

 

 
AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900)
BORG36ED+スリムフラットナー1.1×DG+NIKON1 V1 (594)

続きを読む "避暑の池1 (オオルリ、マミジロ)"

2016/06/11(土)12(日)

撮っていた時にうすうす気づいていたが、AF-BORGの一番長いバージョン≒AFアダプター有のクローズアップレンズなし
・・・・ 500mm×1.7(AFアダプタ)×1.5(APS-C)=1275mm
の場合、私のK-5ⅡSではAF微調整の範囲外となる。 極度の前ピン傾向なので後ピン方向へ最大-10にしてもまだ前ピン。 AFはちゃんと作動するので残念。CUレンズ入れると+4~5くらいでOKなのにねぇ。

手持ちでは飛び物もファインダーに入れるのに難儀するので、三脚につけて距離の遠いクマタカやヤマセミ、伊香保の池 などで試してみようと思っていたが・・・・・。 CUレンズNo.2あたりを入れて試すかなぁ、コボーグのフラットナー【7110】でも入れてみるかな? 三脚+ライブヴューだと大丈夫なのかな? 悩みは尽きない(笑)。

_IGP5967_IGP5973_IGP6218_IGP6570_IGP6778_IGP6692_IGP6967_IGP6979

最後の2枚は、F-AFアダプターを外し(CU有)、500×0.7?×1.5=525mmくらいのマニュアル。
随分明るかった。テレコンがない分やっぱり少し抜けがいい気がするかな。
AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、  手持ち。

続きを読む "またも雛w。"

2016/06/11(土)12(日)

まぁ、チョウゲンさんいっぱい撮っちゃったので今週のうちに貼り付けますw。

90FLのお試しで基本、手持ち、AFで撮っています。 が、
1.7×AFアダプター外してみたり、クローズアップレンズ外してみたり、ドロチューブホルダー替えてみたり。絞り付けてみたり。都度長さ調節が要り、組合せ多数でまいっちんぐw。
CUレンズを付けはずしするとAF位置も変わり、微調整がいるんだね、ああ~。
そうそう、ドロチューブの新しいやつ【7790】は、持っているものより少し短く、先端の内径が広くなっていた。 知らなかった。 今までのは絞りを付けたような状態だったのでケラレた感じで暗くなり、初めてAF試した時迷ったのかもしれない。 部品も微妙に変わってきてるんだよなぁ。この辺がやはり、使って試してみないとわからない部分!

_IGP6000_IGP5930-2_IGP6008_IGP6241

下3枚はクリック等倍_IGP6869

うわっ、ちょっとドデカすぎ?_IGP6872_IGP6890

ん~、最短撮影距離の4~5mで撮っていたりするが、やはり90FLは解像や抜けが一段上の気がする?

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、 手持ち

続きを読む "チョウゲン雛のポートレイト"

2016/06/12(日)

6月になり、夜中から朝にかけて、”特許許可局” と大きな声が聞こえるようになった。
ウグイスの囀りに少し遅れて聞こえてくるこの季節の風物詩。
ホ~ホケキョ!が大きく聞こえる うちの近所は、キョッキョ、キョキョキョキョ の声も大きいのだが、姿はどうしても見つからない。たまに鳴きながら飛んでいく後ろ姿のみ。
托卵されんなよ、とウグイスに同情しながら自然の不思議さは深いなぁとw。

そのホトトギス、お気に入りの木を見つけられると意外と撮れるらしい。教えてもらったので今日はチャリンコに乗って早朝からチャレンジ(笑)。

その後、MFへの途中 ツミの様子見したが、母さんツミに威嚇され、早々に引き上げた。

_IGP6467_IGP6394_IGP6405_IGP6445_IGP6481

 

キビタキの良い声が聞こえる付近に数人のカメラマンが。よしキビタキ!と思って近寄ったら、蝶々だと教えて頂いたw。 シジミチョウの一種らしい。 きれいだったので。
_IGP6484ツミ。怖い顔。
_IGP6527
_IGP6515AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、 一脚サポート、手持ち。

90FLはクローズアップレンズを入れなくてもK-5ⅡSでも合焦するね。フル換算1275mmの手持ちはキツイかなぁ、今度はそれもチェック!

続きを読む "ホトトギス、ツミ"