2016/05/28(土)

1日中曇りだったが、雨は降らずまずまず。
今日は、鳥友Oさんに誘っていただき、早起きAさんと3人で、念願のクマタカ詣でへ。
Yahoo!地図で測ると、鳥までの距離700Mくらいかなぁ。500M~1000Mの距離で楽しんだ感じ。

_IGP4073

着いた時、木どまりで歓迎してくれたので一気にテンション上がってしまったw。
77EDⅡのフル換算910mm程度、三脚で撮る予定だったが、クローズアップレンズ外して1300mmマニュアルフォーカスにしてみたり、慣れている手持ちの67FLにしてみたり。液晶モニターでは、小さすぎて判断つかなかったので、トビモノでも後悔しないように、67手持ちで撮った。

やはり、クマタカは雄大で王者にふさわしくかっこいい。
この距離感だと、ロクヨンやハチゴロウに行き着く気持ちがわかるね。
天体望遠鏡であるBORGは、機能を引き出せれば、まさにうってつけの機材のはずだが、カメラや雲台、三脚等の条件からまだまだ先は長い(笑)と感じた次第。

また行きたいね!

 

お出迎え。(ノートリ)
_IGP3339限界?までトリミングして、
_IGP3333

カケス決死のモビングがすごかった。
_IGP3240ブレボケの腕だけど、手持ちの言い訳してw、飛び出し直後。
_IGP3380もう一回、
_IGP3835もういっちょ
_IGP3532

ノートリだけど、雄大さが伝わる♀。
_IGP3405オオトリ
_IGP3856ノートリ♂
_IGP3534大トリ
_IGP3534-2ハイタカとの絡み?と思ったが、何枚かの写真でノスリのような気がするね
_IGP3633

昼頃から随分の間♂♀帰ってこなかった。
狩りに行ったが失敗かぁ~、と思っていたが、♂はPCで写真みると何か持っていた。
腕が悪く、何かはわからないけど・・・。
_IGP3976-2_IGP3977-2_IGP3979空抜けになると、違う個体?と思うほど羽の痛み具合がわかるw。

急にスピード上げて急いで巣の方へ。
_IGP4046何故かカケスと。
_IGP4064

 

待ち時間の面々。
_IGP3285_IGP3399_IGP3508_IGP3691_IGP3961楽しい一日。 Oさんに感謝  m― ―m 。

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、手持ち。
(出迎え止まりのみ AF-BORG77EDⅡ+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約910))

続きを読む "クマちゃん"

2016/05/22(日)

腰はだいぶ良くなったが、遠出は出来ずMy Field。 今回はコゲラの飛び出しを撮ろうと四苦八苦。
今日にも巣立つか?という状況なのでもう一度撮っておこうとポイントへ。
機材がねぇと言い訳していたが、連写をしてもなかなか親の飛び立つシーンが取れない。

とれないので先ずはMovieで撮っておこうとw。 舌出し給餌鳴きシーン。

鳥友Wさんご夫婦のご主人が上手に撮っていらっしゃったので、SSいくらくらいですか?と聞いたら、1/4000と。 ええ~っ、 イ、ISOは?  これまた4000、5000と。
ん~目から鱗でした。 高感度良くなったらしいD500のうらやましさもあるけどね!

天気は良く明るくても、ポイントは日陰で暗い。 最近はノイズが気になるのでISOは何とか3桁に抑えたいとの気持ちが強すぎた。  ISO800で、木にカメラを押し付け半手持ち状態だったので1/400くらいでいけるかと過信していた。 被写体ブレもあるのにねぇ。
思い切って僕のカメラでは限界と思う3200へISOを上げ、SSも1/1600、1/2000、1/2500 と。
当然ザラつくのだが、止まったシーンも解像感がグンっと上がった。

そうだよねぇ。 SS1/400 手持ちでやっぱり手ぶれビブレがあったんだよねぇ。
歩留まりが悪くなってもISO下げSS下げて絞りも絞って練習練習と考えが強すぎたかなぁ。

ISO800、SS1/400
_IGP2792_IGP2794ISO1000、SS1/400 撮れない。 撮れんね。
_IGP2824_IGP2825_IGP2846ISO1000、SS1/1600へ上げる。フレーム隅に切れ切れだがひっかかってた。
_IGP3049ISO2500、SS1/1600 おおっ、
_IGP3107ISO3200、SS1/3200
_IGP3122ISO3200、SS1/2000
_IGP3163_IGP3162何とか引っかかってきたね。
修行が足りんなぁ~。

 

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、 半手持ちw。

続きを読む "MF29(コゲラ飛び出し)"

2016/05/15(日)

昨日で一週間に渡る千葉でのカンヅメ研修が終わり、やっとMFに来れた。 やはり落ち着く。
三脚禁止令で、大砲のカメラマンさんが来づらくなったこともあり、常連さんくらいの人数になりのんびりとした以前からの公園らしく?なった(笑)。

_IGP1575_IGP1654_IGP1627_IGP2031_IGP2056

飛び出しを撮ろうとするが、毎回シャッターチャンスを逃しうまく撮れない。今度こそは~とゲームしているようだった。 結局数回であきらめたw。

チョウゲンさん_IGP1898-2_IGP1741

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、 手持ち。

続きを読む "MF27"

2016/05/05(木)

子供の日後半はフクロウ。
5月の連休で連想するのは、子供が小さい頃は家族でのシーズン初キャンプ、という感じだったが、おっさんバーダーとなって、フクロウの巣立ちか、コマドリ峠、となった。
遊水地界隈の神社4か所を回ってみた。 定番のN神社、なんと今年は父さんフクロウが窓ガラス?に激突して亡くなったという。母さんフクロウが一羽で子育て。心配されたが昨日ヒナが出てきたようだ。良かったヨカッタ。今日はまだ巣の中らしく、限られた可視ポイントに10人近くのバーダーがいらっしゃったので遠慮した。 剥製になった父さんが痛々しかった。

働き者の母さん
_IGP0158伸びをして
_IGP0141_IGP0183_IGP0193_IGP0194_IGP0202結構お茶目ですな。
_IGP0224 _IGP0209

 

案内所で教えていただいたF神社。 2羽のヒナが出ていた。
_IGP0683-2_IGP0724-2_IGP0760_IGP0778-3大変そうな恰好で寝ていたw。
_IGP0766-2

他の神社は空ぶり。 運動公園のトラフは、昨年の教訓?からか、カメラ爺が邪魔だからとゲートボール爺様からの苦情で早々に巣がとり払われたとの噂。
自分の行動も含め、いろいろ考えさせられる話だなぁ。 MyFieldも三脚禁止令が出てざわついている。
カメラの高性能化とコンパクト化、望遠レンズの低価格化によって、バーダー人口が増えたことはいいことだと感じている。だけど、大人数がワッと押しかけるとこういう問題が起きてくるよねぇ。マナーの問題もあるし。
猛禽や珍しい鳥、かわいい鳥は撮りたくなるし、おもしろいしから、何かうまい収め方があるといいなぁ。

 

バーダー天国、渡良瀬はほんと魅力的なところ。
今回も楽しかった。

 

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、 手持ち。

続きを読む "フクロウ"

2016/05/05(木) 子供の日

ゴールデンウィーク後半。 車が使えたので小太郎さん誘って、初夏の北関東遠征。
野焼きも終わり、この大好きな遊水地の芦原は緑アオアオとしていて冬とは違った趣だった。
期待した鳥は、フクロウの巣立ち、トラフズク、サシバ、コアジサシあたり。
情報もらいに谷中の案内所へ行ってみると、オオセッカを是非見て行きなさい!と。
この辺りを含めた限られた場所でしか見られず、生息数も少なめの鳥で今がシーズンだよ!とプレゼンされて、 おっしゃー、じゃ見てくんべ~と(笑)。

ジュクジュクジュクと鳴き声は聞こえるのだが姿はなかなか・・・。撮りやすい草の上の方へは出てこず、中から飛んだかと思うと放物線を描いてまた草の中。 上の方にとまるのは、ヒッヒッ、カッカッ のセッカばかりだった。

オオセッカ
_IGP0607_IGP0342_IGP0613_IGP0663_IGP0671

 

 

こちらはセッカ。
_IGP0567_IGP0594_IGP0593_IGP0520

_IGP0650_IGP0648

 

似たような鳥(失礼)では、ぎょぎょしぎょぎょしのオオヨシキリもシーズン初見。
_IGP0279_IGP0254ヒバリも同じ場所で判別を難しくしてくれたw。
_IGP0346_IGP0471_IGP0490それからホオジロくん。
_IGP0281_IGP0251_IGP0283

後半はフクロウ!

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、 三脚、手持ち

続きを読む "オオセッカ"

5/2(月)。 電車はスカスカかなぁと思って出勤したが、多少空いていた程度の印象。案外みんな仕事しているね(笑)。 今いる損保会社は、大卒新人さんが、1か月の研修が終わり配属される日だった。 4月から急に混みだした電車。連休明けは五月病なんかで案外空いてくるかもしれないw(^^;)。

29,30,5/1のチョウゲンさんの画。
_IGP9401

4/28日に魅力的なカメラが3つも同時に発売された。
CANONの1DXMarkⅡ とNIKONのD500、それからPENTAXのK-1。
予約して首長待ちだった方々は勇んで試し至福の時を楽しんでいる連休でしょうか。
残念ながらどれも今の自分には手が出ない状態ですが、あれこれ考えるのは楽しい。

_IGP9452

BORG使いのバーダーとしては、 バックの花やボケを最大限考慮した芸術的な作品というよりも、まだまだ 鳥を鮮明に解像させた画として撮りたい気マンマンなので、等倍にしたとき、画素数が多いカメラの解像感が優先度1番かなぁ。鳥は800!(鳥撮りには焦点距離800mm)が2番目。
フジノさんがおっしゃっている意見に同感ですかねー。

フルサイズで現在のAPS-Cの 2400 万画素に見合う 5600 万画素ぐらいの画素数と、同等の連写速度があればトリミングで使うのも良いでしょうが、
K-1は 3640 万画素ですのでAPS-C分は約 1540 万画素、
連写速度がフルサイズで 4.4 コマ/秒。
2009年発売のK-7が 1460 万画素、5.2 コマ/秒ですのでそれと同じぐらいです。
APS-Cの 2400 万画素等倍でビシっと来た時の解像感を味わった者がその画素数に戻れません。
APS-Cでもトリミングしている人が、フルサイズで撮って結局APS-C相当分より小さくトリミングしてたら何してるこっちゃ分かりまへん。(笑)

_IGP9467_IGP9500

PENTAのK-3ⅡがAPS-Cで2400万画素。 K-1をクロップするとAPS-C換算で1540万画素なんですね。いま使っているAPS-C機K-5Ⅱも1628万画素なので、ゼンゼン変わらない(笑)。
そもそもは、高画素化競争は無意味と思っていたのですが、鳥の羽毛を等倍で写すフェチな領域へ踏込んでくると、K-3Ⅱに軍配ですかね。 BORGとセットであの解像感はある意味完成型。
値段も25万円⇔9万円ですからねぇ。

_IGP9536
鳥撮りではない違う使い方(風景等)も考慮するとK-1とっても魅力ですが、 K-3Ⅱへの買替えを検討くらいに落ち着く感じですねw。 もちろんキワモノのBORG前提ですw。
前提外したら、NIKONのD500に200-500mmレンズの組合せは鳥撮りにはBESTじゃないでしょうかね? 今まではCANONの7DMarkⅡに100-400mmが最良で万人受けと思っていましたが・・・・・。
画としては名人エチュードさんがおっしゃるようにD810がイイとなると、K-1もやっぱり魅力かなぁと思いますが・・・・w。

で、昨日はD500を実戦投入して見たのですが、ま、それなり・・・と、言った感じですね。
解像度はD810には及びませんが、AFの合焦はかなり速いです。

 

ともあれ、鳥友さん達が新兵器つかって撮られるのを楽しみにしたいと思います(笑)。

 

鯉のぼり
_IGP9376_IGP9528日陰
_IGP9532日向に出た。
_IGP9534これも日陰
_IGP9559日向へ~
_IGP9560右足でエサもって♀を呼ぶ
_IGP9408出てこずあきらめてお持ち帰り!
_IGP9409も一度呼ぶ
_IGP9424今度は出て行っちゃった!?
_IGP9425難しいねw。
_IGP9549

 

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、 手持ち。

続きを読む "ゴールデンウィーク前半2(カメラ談義w)"