ジョウ

カテゴリー 67FL, K-3Ⅱ,

2018/01/27(土)

今度はジョウビタキ♂。My Field の公園で帰り間際に最短合焦距離付近(4M前後かなぁ) でちょこちょこ遊んでくれた。

期待して帰ったのだが、ひどく落胆。全然ピントがきてない。 解像してなく悲しくなった。200枚くらい撮っていたので、あせってよ~く見てみると、ピントはまったく来てない訳じゃなかった。薄い(被写界深度が超浅い)んだね。深さ2ミリくらいしかないんだ!

目にピント合わせると目しかピントが合ってない。羽はボケボケ。羽に合わせると、vice versa。何年も写真撮ってるけど、鳥が近いとこんなにもピントが薄い!と今まで気付かなかった。あせった手ブレと合焦出来ずでチャンスを逃しているとだけ思っていた。
まぁ、等倍等に拡大しないとピンずれさえも気付かないけど。的確なセッティングこそが腕だからね。

うんと絞らなきゃいけなかったんだね。 BORGは絞りがなく基本開放なんだけど、僕は絞り付けてる。でも、67FLのAF仕様は、サンヨンレンズに1.7×のテレコン入れてるイメージなので明るさ足りず、いつもほんのちょっとしか絞りは使えなかった。

今日は順光の日向 と最高の条件だった。グッと絞って試すチャンスだったんだ! 残念~ん。

AF微調整がちょっと後ピンっぽいのと、鳥は目よりちょっと前ピン気味(羽が解像するポイント)の方がいいみたいなのとが、まぁ、分かったのが収穫かなぁ(笑)。まだまだ甘ちゃんだ。

 

ノートリで3枚

トリミング

AF-BORG67FL + PENTAX K-3Ⅱ (765mm)  、 手持ち。

♂、1964~。
Birder。 Borger。 猛禽好きのヒタキ好き。
多摩丘陵から鳥撮りに出かける。 渡良瀬遊水地近くに住みたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です