多摩丘陵発BORG鳥

親近感

2016/12/20(火)

今日は(も)サッカーの話。

先日クラブワールドカップという、国の代表ではなくクラブチームの世界一を決める戦があった。過去トヨタカップと呼ばれていたもの。 6大陸(ヨーロッパ、オセアニア、南米、北中米カリブ海、アフリカ、アジア)の代表と、開催国枠の7チームで争う。今年は日本開催だったので開催国枠で鹿島アントラーズが出場した。

結果、大本命のヨーロッパチャンピオン、レアルマドリードが優勝したのだが、鹿島が大健闘の準優勝だった。

大陸代表と違い、おまけのような開催国枠は格落ち感満載なのだが、鹿島はスルスルっと3試合も勝ち上がり、決勝も2-2で延長まで引っ張り、最後4-2で負けたけど、 なんかすごいじゃん!感があったw。

うっそ~

ある意味国の代表よりも、クラブチームの方がレベルが高い。短期間の寄せ集めチームではなく、職業として、1年単位でずっと一緒にやっている仲間のチームだから。
そんなチームの戦いは見ていて断然おもしろい。 スピード感が違うし、ウァーそこパス通るか!とかスッゲーシュート!とか。

その中での鹿島の健闘には、素直な感動もしたのだが、 出場の経緯、勝者のメンタリティ、鹿島ること、ディフェンス力・・・・・、 いろいろと深く考えさせられるものもあった。

 

おっと、違う違う、 今日話したかったのはもっと下世話な話(笑)。 相手のレアルマドリードとのこと。

なんと今回、まったく偶然にこの世界一のスター集団と間近でご一緒する機会に恵まれたw!!。
夢のような1日(笑)。

人生にはいろんな出会い方があるものだ。
追っかけてもなかなか近寄れない方々に、同じレベルのスターでもなく、金持ちのツテでもなく。関係ありそうな施設の関係者でもなく。 何もないのに。
まったく興味のないような価値のわからないオジサン達だから近づけた?

ベンゼマに握手してもらったし、マルセロはよく歌うたってた。Cロナウドもモドリッチもセルヒオ・ラモスもハメス・ロドリゲスも・・・・間近で。そして、一番かっこよかったのはジダンだった。 何度もほぼ丸一日、朝昼晩と。

まぁ、最初は全然顔と名前一致しなくてどんな人かも知らなくて、スマホで検索、検索。

1日過ぎた後では、一気に親近感が湧き、レアルのにわかファンになったw。
決勝戦では何だか自分の友達が試合やっているような、バカに舞い上がった優越感?で応援していた(爆笑)。
ウニュウ
まさか、警備のおっさんがエレベーターボーイするとはねぇ。

プライドも捨てた、背に腹は代えられないバイト仕事も、やっているとイイこともあるものだね(笑)。

 

12/19(月)S公園、ウソ。 30分限定では水場には降りて来てくれなかった。

AF-BORG67FL + K-3Ⅱ (765) 、  手持ち。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です