多摩丘陵発BORG鳥

SIRUI N-3204X

2016/11/13(日)

今更ながら三脚を新調しました。
SIRUI(中華メーカー)のN-3204Xという少し大型?(パイプ径32、全高1740mm、耐過重18Kg、重量1.8Kg)のカーボン三脚。

SIRUI 三脚 NXシリーズ 大型カーボン三脚 4段 N-3204X
シルイ (2014-10-10)
売り上げランキング: 190,051

普段 手持ち主体なので三脚はあまり使わないのだが、ハイチュウ、コミミへの準備といったところ(笑)。
サンコウチョウや、飛び出し、クマタカ等 距離がとっても遠い被写体にはどうしても必要な三脚。
今までは、鳥撮りを始めた10年くらい前、最初に買ったベルボンのsherpa538というアルミ?のものを使っていた。高さが足りないのを逆手に、立ち位置だと揺れが気になるので短く、椅子に座って使うイメージだった。

MF、昨日12(土)等の写真_igp7980-2

ハイチュウはなるだけ立って(葦を避け)高い位置からとりたいよね。しかも揺れなしでw。
今回は、エレベータを使わずに身長175cmの私が立った姿勢で屈まずに済む高さ+なるべく小さく軽いものというのが条件。
今後もおそらくゴーヨン、ロクヨン等の大砲を買うことはないと思うので、BORGの90FL、107FLが乗ればOK。

_igp7987

理想はGitzoの2型4段ロングをイメージしていたが・・・・・・。
さすがに10万円超にどうしても手が出せず、半額以下のシルイにしてしまった(笑)。
レベリングボールのついたやつで、いつかはGitzoに! と妄想できるのは貧乏人の楽しみだね。

舞ったが遠~くで短時間だったw。
_igp8017

リサーチは結構長い間していたので、SIRUIの使用感は思った通りで合格ですw。
雲台は昔からの701HDV。やっぱり少し重くなるけどしゃーないね。

_igp8000

300mmの67FLには少しオーバースペック気味。
久しぶりに510mmの77EDⅡの出番だ!

_igp8156

今日は、あれこれ77をいじっていたら、丸1日かかっても、イマイチ仕様が決められない。
数年前の悩みに逆戻りしてた(笑)。 だから67買ったんだっけ。

_igp7941

AF-BORG前提なので、77だとどうしてもクローズアップレンズを入らなきゃいけない。
1.7倍のテレコンアダプター使っても、0.7倍のCUレンズ使うと、行って来いなので
CUレンズ入れずに1.7倍できる67FLとあんまり変わらない焦点距離になっちゃう?
いろいろ試していたら、No.3のCUレンズとcanonのCUレンズ、思った以上に倍率が違う感じ。
又、CUレンズを入れる場所の違いによっても想像以上に画角が変わる。
AF微調整との兼ね合いもあり、カメラによってもAFの効きが結構違うこともあり・・・・・、
ドツボにはまり、 CUレンズの要らない90FLが欲しくなった(笑)。

77EDⅡほど弄る楽しみがあり、苦しみがあるレンズは他にないかもしれないw。

_igp7222

 

私的結論は、CUレンズはcanonじゃなくN0.3(倍率高く、画質も変わらない)でいい。
カメラはなるだけ暗くてもAF効くように、K-1かK-3Ⅱに早くしたい。
三脚ががっしりしていると、AF微調整は随分やり易い。
って感じ(笑)。

_igp8167

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です