2016/11/28(月)

今日の天気予報は晴れ、実際はほぼ曇り。 昨日の予報は曇りのち雨で実際は昼過ぎまで晴れていた。
鳥撮りするようになって天気や季節には敏感になった。五感で感じられる季節感は日本人っぽくていい。
でもカエルやカタツムリのようには天気って感じられない。 そして予報に頼るとなおさら良くない。

_igp9678

毎年11/27、ルリビタキの日wに初認するというち~すけさんに触発され(笑)、来ているはずの公園に行ってみたが、行いの悪い私には無理だったw。

ノーシャッターは体に悪いので、試しに押した数枚。雰囲気はある?がピントはダメか~。

_igp9697-2

紅葉はいいね!秋だ!
と思いググってみたら、秋は立秋から立冬の前日だと。
今年の立秋は8/7で立冬は11/7なので、8/7~11/6までが秋だった(笑)。
東京は何十年ぶりかで11月に初雪があり、今年は早そうな冬だが暦はその先を行っているw。
百年単位の昔はそうだったのかね?

_igp9700

 

こちらは冬っぽいか?
_igp9639

エナガは丸々太っているね。冬支度?

_igp9634

 

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、  手持ち。

続きを読む "秋"

2016/11/26(土)

日曜日は天気悪いとの予報から、土曜は鳥見したいなぁと思い、仕事明けとなるのだが、鞄にニコ1 V1とコボーグを潜ませた。 台場から近い葛西臨海公園へ行ってみた。

_dsc5221

マミチャジナイもアマサギも抜けていたが、何かは撮れるよねと。
V1とコボーグの220×2.7=594mmのお手軽装備 だしね。

今回は、ニコ1マウントに直コボーグではなく、FT1つけていたので、ファインダーの拡大機能が使えた。
初めて知ったけど、3段階の拡大も可能なんだね。手ぶれ補正がないので最大拡大はブレブレで使えなかったけど、山勘ピントの歩留まりが少し上がった。
それでもジャスピンはほぼなく、改めてAutoFocus、機械ってすごいね~と思った。
そして、小さく軽いカメラに約600mmはホールド感?バランス悪く、ブレ(ゆれ)が止まらない。
一番いただけないのはV1の1枚でも撮った後のブラックアウト。飛び物では実用にならないレベルだと再認識。 逆にずっと連写していればブラックアウトのイライラは少し防げる(笑)。 電子シャッターは連写でのシャッターブレないので2枚目以降も歩留まりいい。なるほどとびっくり。僕のK-5ⅡSでは2枚目は必ずブレ、3枚目以降もかなりのブレ度で今連写はあまりしなくなっているのでねぇ。
V1の時代はとうに過ぎ、現役ではあまり見なくなったが、ニコンのカメラって基本はしっかり押さえて作ってあるんだなぁとしみじみ感心!w。

思いがけず、”撮り鳥ブログ 週末は撮り鳥!”のTさんにもばったり会えたし、そこそこ鳥撮りの気分を味わえたお手軽ニコ1コボーグ撮りでしたw。

 

今季初見のカンムリカイツブリ。 ボケボケ~
_dsc5002なんとか潜るところを捉えたかったが・・・、ハジロさん。
_dsc5496_dsc5498

 

椋鳩十? ってバカなw。十ならず7羽しか写ってなかったw。 小学生のころよく読んだなぁ。
_dsc5001

さて、ミサゴさん!
_dsc5082_dsc5074

_dsc5251

この後飛び込み、大物ゲット。 ご満悦

_dsc5282

が、トビに狙われてた。
_dsc5271ノスリさん。それなりの近さだったが・・・・・・。
_dsc5167_dsc5184

_dsc5187

 

カモ類、氏原巨雄、道昭さん親子の識別図鑑買ったのだが、よくわからない。
スズガモかホシハジロ かな。 動いているのはコガモのみ。
_dsc5225

ハシビロガモ
_dsc5196

何千羽も集まっているというスズガモ達を見てみたかったのだが、あまり見られなかった。
_dsc5572

ちょぼちょぼって感じ。

_dsc5449

 

キンクロかスズガモか?
_dsc5086

君は?_dsc5329_dsc5305逆光も光ってきれい。
_dsc5295ヒドリガモにオオバン
_dsc5126オオバン、解像させたかったが・・・・・・。
_dsc5237

ヒバリ
_dsc5552ジョビコ。
_dsc5156

シルエット
_dsc5138

最後はイソヒヨドリが遊んでくれたw。
_dsc5316_dsc5382_dsc5372_dsc5418

_dsc5442-2

BORG36ED + スリムフラットナー1.1× + NIKON1 V1  、 一脚サポート。

続きを読む "お手軽、葛西。"

2016/11/20(日)のつづき。

浮島へのもう一つの目的がこの子たち、タゲリの群飛。
金属光沢の羽に姿勢のいい立ち姿、頭上にピコッ(笑)で、少数でいるとまさに貴婦人。
でも、群れで飛ぶと、ダーウィンでやっていた里山の暴れんぼう鳥、ケリの仲間なんだなぁと思う。

_igp8596

 

それにしても群飛の写真は難しい。
カメラの準備が出来たら、あっという間に飛んでいたのがみんな地面へ降りてチャンスが短かった言い訳はあるんだけど、まさに群飛っていう写真は撮れなかった(泣)。

_igp8592

なんかバラバラ感が~。

_igp8589-2

_igp8600

でも初めて見る50羽超の群れのタゲリは圧巻だった。
昨年の何万羽というアトリの群れとか、カラスの群れはヒッチコックばりの恐怖すら感じるが、ウトナイ湖のマガンとか、群れでいる鳥類は、いつものバードウォッチングの鳥という感じとは違う印象になるね。

_igp8701

_igp8612_igp8627

 

他の鳥さんでは、 存在感があったので車中から狙ったがボケてたアオ君
_igp8636

ミサゴ
_igp8689
ノートリ、モズさん_igp8958

ジョビ子さん
_igp9155よく鳴いていたヒバリ。
_igp8966

 

暗くなってから、遠~くで飛んだのがコチョウゲンボウだよね?
これノートリの写真
_igp9433真ん中をめいっぱいトリミングすると、 あ~いたいた。
_igp9433-2

木になっている。右が雄で左が雌?
_igp9456これでも少しトリミングした。ただチョウゲンではないと思うけどw。
_igp9458

 

 

最後は大トリミングし過ぎていないメインのチュウヒを貼りますね(笑)。

バックがうるさ過ぎた止まりもの。斜1本の枝の為にピントが~あかんかった。
_igp8644

_igp8710_igp8848_igp8981

この2枚はノートリ
_igp8998_igp9137_igp9021

_igp8899_igp9107_igp9143_igp9277_igp9447

 

久しぶりに1000枚超だったので、いっぱい貼っちゃいました。

ponsukeさんありがとうございました~。 またよろしくお願いいたしますw。

 

AF-BORG77EDⅡ + FAFアダプター1.7× + ケンコーCUレンズNo.3 + K-5ⅡS (約950)
コチョウゲンボウと最後の1枚のみ AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765)

続きを読む "遠征その2"

2016/11/18(金)

一番お世話になっている鳥友さんのブログ ”小太郎&はな” の容量が一杯となり、新しいブログへ移行したのだが、上手くアナウンスが載せられないとの話があった。
いちおうこのブログでもアナウンスしておきます。

新しいブログのリンク貼ります。  小太郎&はな3  (http://n1956h.exblog.jp/ となります)

 

昨日、三脚を使ってみたくて多摩川へ行ってみたが不発。My Fieldは三脚禁止だからねぇ。
遠~くの定位置にミサゴさんはいらっしゃったが。どこかわかります?    真ん中ですがw。

_igp8453

こんな感じの距離なので、飛んできてくれるといいのにわりとすぐ下で狩り済ませたりしてサービスしてくれないんだよね~。

是政橋のダイヤモンド富士も11/16だった。忘れていた。

MFでも鳥影がほとんどない。 後姿のキセキレイ

_igp8488

 

今日も数回 ハイタカさんが舞ったくらい。 チョウゲンさんも一瞬来たらいなくなった。
週末の本番へ、77EDⅡのセッティングを確かめたかったが・・・・・・。 鳥さんがいないとあかんね。

_igp8489_igp8490_igp8500_igp8519_igp8522

 

AF-BORG77EDⅡ + FAFアダプター1.7× + ケンコーCUレンズNo.3 + K-5ⅡS (約950) 、 手持ち。

続きを読む "小太郎&はな"

2016/11/16(水)

11/14(月)の22時52分がスーパームーンだったが、東京は雨だった。
ホントに天文現象のお天気に左右される感は半端ない。
マスコミがアナウンスして騒いでくれたが雨で見られないとなるとガッカリした気持ちの方が強くなる。
これでは天体望遠鏡は売れないなぁ。

スーパームーンとは、その年見える満月で一番大きいものだそう。
地球と月の距離はざっくり36万km~40万kmの間で動くそうだが
11/14,22:52時の距離は35万6521km。 これは近年では1948/1/26の35万6490kmに次いで近い。
なので68年ぶりに大きい満月だった!!

翌日(実際は16日の未明2:23~3:27)にはアルデバラン食(おうし座の1等星アルデバランが月に隠され、出てくる現象)があるというので、
夜中コボーグ持って出てみた。

15夜お月さんの翌夜なので16夜。お台場は風が強く寒かったが雲のないきれいな空にものすごく明るい月。
大きいという感じよりも明るさがすごい。 まわりの星など眩しくてなにも見えない(笑)。
アルデバランは気にせず、明るいお月さんをしばし眺め、撮った。

コボーグ+ニコ1の手持ち撮影。フォーカスエイドもないので山勘ピントでしんどいが、思った以上に写ってるよねw。
そう、コボーグもいちおう天体望遠鏡なんだよね。
装備なにもなく、通勤鞄にそっと忍ばせたちっちゃなカメラでこれだけ取れるのだから、もう少し気軽に天体現象も意識してみてもいいね!

 

_dsc49392016/11/16 3:38

 

BORG36ED + スリムフラットナー1.1× + NIKON1 V1 、  手持ち。

続きを読む "十六夜(いざよい)"

2016/11/13(日)

今更ながら三脚を新調しました。
SIRUI(中華メーカー)のN-3204Xという少し大型?(パイプ径32、全高1740mm、耐過重18Kg、重量1.8Kg)のカーボン三脚。

SIRUI 三脚 NXシリーズ 大型カーボン三脚 4段 N-3204X
シルイ (2014-10-10)
売り上げランキング: 190,051

普段 手持ち主体なので三脚はあまり使わないのだが、ハイチュウ、コミミへの準備といったところ(笑)。
サンコウチョウや、飛び出し、クマタカ等 距離がとっても遠い被写体にはどうしても必要な三脚。
今までは、鳥撮りを始めた10年くらい前、最初に買ったベルボンのsherpa538というアルミ?のものを使っていた。高さが足りないのを逆手に、立ち位置だと揺れが気になるので短く、椅子に座って使うイメージだった。

MF、昨日12(土)等の写真_igp7980-2

ハイチュウはなるだけ立って(葦を避け)高い位置からとりたいよね。しかも揺れなしでw。
今回は、エレベータを使わずに身長175cmの私が立った姿勢で屈まずに済む高さ+なるべく小さく軽いものというのが条件。
今後もおそらくゴーヨン、ロクヨン等の大砲を買うことはないと思うので、BORGの90FL、107FLが乗ればOK。

_igp7987

理想はGitzoの2型4段ロングをイメージしていたが・・・・・・。
さすがに10万円超にどうしても手が出せず、半額以下のシルイにしてしまった(笑)。
レベリングボールのついたやつで、いつかはGitzoに! と妄想できるのは貧乏人の楽しみだね。

舞ったが遠~くで短時間だったw。
_igp8017

リサーチは結構長い間していたので、SIRUIの使用感は思った通りで合格ですw。
雲台は昔からの701HDV。やっぱり少し重くなるけどしゃーないね。

_igp8000

300mmの67FLには少しオーバースペック気味。
久しぶりに510mmの77EDⅡの出番だ!

_igp8156

今日は、あれこれ77をいじっていたら、丸1日かかっても、イマイチ仕様が決められない。
数年前の悩みに逆戻りしてた(笑)。 だから67買ったんだっけ。

_igp7941

AF-BORG前提なので、77だとどうしてもクローズアップレンズを入らなきゃいけない。
1.7倍のテレコンアダプター使っても、0.7倍のCUレンズ使うと、行って来いなので
CUレンズ入れずに1.7倍できる67FLとあんまり変わらない焦点距離になっちゃう?
いろいろ試していたら、No.3のCUレンズとcanonのCUレンズ、思った以上に倍率が違う感じ。
又、CUレンズを入れる場所の違いによっても想像以上に画角が変わる。
AF微調整との兼ね合いもあり、カメラによってもAFの効きが結構違うこともあり・・・・・、
ドツボにはまり、 CUレンズの要らない90FLが欲しくなった(笑)。

77EDⅡほど弄る楽しみがあり、苦しみがあるレンズは他にないかもしれないw。

_igp7222

 

私的結論は、CUレンズはcanonじゃなくN0.3(倍率高く、画質も変わらない)でいい。
カメラはなるだけ暗くてもAF効くように、K-1かK-3Ⅱに早くしたい。
三脚ががっしりしていると、AF微調整は随分やり易い。
って感じ(笑)。

_igp8167

続きを読む "SIRUI N-3204X"