多摩丘陵発BORG鳥

水場@S公園

2016/07/10(日)

花火前の拡大版MyField最後はS公園の水場。
キビタキの幼鳥が見れたとか何とかの情報頂き、暑かったので最後はここで涼もうと。
楓等が茂ってここは暗い。涼しいけどねw。ISO2500、SS1/200前後の手持ち~オオッ。
お昼頃な~んにもいなくて、鳥友さんと2人でボーっと。 子供は連れてなかったがキビタキ♀が一瞬来てくれた。 その後、少し空いて私1人となって静かーにしていたらヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、エナガ、コゲラの幼鳥っぽいのが一気に来てくれた。ガビちゃんも。 結構テンション上がった。

_IGP6614_IGP6619

 

ナント、wagさんK-1ポチったね!! フルサイズは興味ないって言ってたじゃん(笑)!
まぁ、90FLも興味ないって言ってたし、もうミラーレスから一眼には戻らないっても言ってたし
apple Watchも買わないっていってたから気持ちはどんどん変化していく≒正常進化ってことよね。
許す、許すw。当然こうなることは最初からわかってたから(笑)。

ヤマガラ
_IGP6586_IGP6655_IGP6663-3

そう。鳥には距離が必要で1.5倍,2倍でき、そして高解像には画素数が最重要で、どうせトリミングするんなら、画素多いAPS-Cやマイクロフォーサースがベストマッチ?と僕もごちゃごちゃ考えていたけど、
この画を見たとき考えが固まった。
センサーサイズ比較

センサーサイズの相対的な大きさ比較なんだけど、もちろん中判や大判カメラもあったりするんだけど、フルサイズとAPS-C以下の大きさの違いは圧倒的!!。
いくら1型が1/2.3型のコンデジのサイズより大きいといってもフルと比較したらもうどうでもいいレベル?
このそれぞれのサイズの中に16百万画素とか24百万画素とかが入れられているわけで、同じ16百万画素でもそりゃフルサイズと例えばフォーサーズの違いがないわけがない。余裕が絶対違う。それはj必ずノイズの違い、高感度の違いになるんだと。

 

_IGP7004_IGP7081-2
コンデジしか使えなかったデジスコを卒業した最初の理由がこれだよね。
焦点距離50mm等でスナップとか普通の撮り方をしていたら、もう1/3.2とフルサイズでも違いが判らないくらいの技術の進歩があるのだと思うが、
1000mmレベルでしかもトリミングで拡大して等倍のギリギリの解像感を眺めているBORG使いのフェチ領域では違いを意識しないはずがないよね。

 

エナガ
_IGP7060_IGP7063-2

 

まぁ、ある程度極めて納得したら、解像度などどうでもいいような芸術的作風へ移行していくかもしれないけど(笑)

コゲラ
_IGP6718_IGP6711

これがD810とD500の差な分けですよね。5Dと7Dの違い、K-1とK-3の違いなんですよね。

さぁ、後は目的と使い方の違いです。
飛び物が第一義の場合、連写速度やAFの追随等の方が画質よりも優先順位が当然高い。
D500の方がD810よりも良くなるわけですね。
どこで折り合いをつけるかなぁ。
それから、機材の進歩もすごいので、鳥撮り始めた10年くらい前のカメラ、レンズと今のものは全く別物レベルに変わった。どんどん新しいものを取り入れて出来なかったことが出来るようになるから趣味として続いていくのかもしれないね。じゃなきゃ飽きてやめてるかな(笑)。

 

シジュウカラ
_IGP6757_IGP6997_IGP6962_IGP6915_IGP7044_IGP7022_IGP6642_IGP6799_IGP6811_IGP6871-2

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、  手持ち。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です