2016/06/26(日)

今日も、1日オオタカ観察。 今シーズンラストだから気合いいれて? 朝9時~16時近くまでw。

 

1号。_IGP9530-2

殆どの時間、小屋や茂みでボ~っと待っている(笑)のだが、鳥友さんと多少話していても、耳と周辺視野には神経が通っている感じ。 猛禽狙いで行っている時ってこんな感覚だよなぁ。
MFのチョウゲンボウは、だいたい居るところと出てくるところがわかっているのでもっとリラックスというかデレッとした緊張感のない態度でいることが多い。だから不意を突かれて失敗も多いんだなぁと。

足の構造はどうなっているのだろう?
_IGP9567_IGP9590Birdingの趣味としての面白さは、ライフリスト(確認野鳥数)が増えていく喜びとか、珍しい鳥を見れたとか、写真に撮れたとかの喜びも大きいが、単なる散歩や森林浴等の体をリラックスさせること(これも十分意味のあることだが)だけの効果ではなく、この神経を集中させていたり、五感というか体中の感覚を研ぎ澄ますという行為をすることが面白さの大きな要因だと思う。 その点は釣りと似てるよね。コトコトってあたりを神経集中して感じ、グイッて引いたのをタイミングよく合わせる。猛禽が飛んできたのを感じ、キターッて、タイミング良く撮る。 小鳥よりも猛禽狙いがより近い感じだね。これが癖になる面白さなんだと思う。

_IGP9652-2_IGP9772

エンゼルポ~ズ。
_IGP9777空手をやっていて、ほぼ健康維持目的なのに普通のスポーツジム通いと違うなぁと感じるのは、たまに市民大会等に参加した時だもんね。 型でも組手でも、試合に出た時の緊張感は相当なもの。あれを味わうのはやだな~と思う反面、結果はどうあれ終わった後にやっぱりやってよかった!って思えるのはこの緊張の中に身を置けたことへの満足感かな。歳をとってくると、こういった緊張の場面はそうそうないから。
鳥撮りは、ちょっと違うかもしれないけど耳を澄まし五感を最大限使って鳥を探したり、一瞬で現れ飛んで行く鳥の瞬間を逃さずGetする為の集中と緊張が心地よいものだし、その結果 良い画が撮れた時の満足感は麻薬の快感かもしれないね。

とうとう今日は2号も巣立った。  こわっ!(1号より2号の方が。)_IGP9632

_IGP9758

オオタカの親がエサ持って帰ってきたりするのはほんの一瞬で、気を許すと気付かないことも多いし、気づいても上手く写真に撮るのは至難の業。 昨日、90FLの手持ちでは重さとドロチューブ操作と900mm 画角で鳥を追うことがままならなかったので、今日は67FLで取り回しを良くし、チャレンジしたのだが・・・・・・。  チャンスもほとんどなかったが幼鳥の止まりもののみで終わった敗北感は残ったなぁw。 緊張感は味わったけどねw。

親。
_IGP9720

狙った飛び出しは、あらあら反対奥側だった!
_IGP9728-2

飛んできたが一瞬で負け。ボケボケ画像
_IGP9683

1号が巣に戻って来た。 1号(左)と2号(右)
_IGP9673-3 こっちは2号と3号。 3号の巣立ちはまだもう少しかかるね。
_IGP9755
この時期、チョウゲンの子育ても終わり、オオタカ観察も終わっちゃった。 鳥さんの子育ては続々と終わっていく。
行くところが無くなってきたねぇ~。  さて?どうしよう!(笑)

 

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、  一脚サポート。

続きを読む "巣立って幼鳥2号"

2016/06/25(土)

オオタカの巣立ち時期がやってきた。 観察できるのは6月の週末が最後。
7月から入れなくなるので、毎年巣立つ前か巣立ったか、微妙な時期でチャンチャン!となる。
そう。今シーズンはこの週末がラストなので、天気も足(車)も不安定だし、週末はここでボ~っとのんびりかな。

雛3羽中1羽が一昨日、巣から出たらしい。 どうにか間に合ったね。

これは2号と3号w。_IGP9384

ちなみに、 雛 → 幼鳥 → 若鳥 → 成鳥

学術的な区別の知識もなく、ググったりして何となくイメージするのは、
巣の中が『雛』で巣立って幼鳥、というか、飛ぶためではなく保温のためのひよこのような毛(これを産毛 ウブゲの初生羽という?)が生え変わって幼羽 ヨウウになったら『幼鳥』だね。

この子が1号。巣立ってた。_IGP9273

この幼羽の鳥が一回目の換羽を迎えるまでの時期を幼鳥と言い、大体1年くらいかかるのね。

さらに、この一回目の換羽以後、成長羽へなるまでの時期が『若鳥』 と言うようだ。

小さいタカは1年でほぼ成鳥と同じようになるから、若鳥という期間がほとんどない感じ。

3号も飛びたい!_IGP9307

オオタカは雛の白いのが、全体が黒(茶)っぽい幼鳥となり、生え変わって白っぽい成鳥となるが、お腹が横斑ではなく、まだ縦斑っぽいのが若鳥と言えるようだね。

まぁ、白いかわいい雛の、白い羽が抜けて黒っぽくなったら幼鳥だな! 巣立って幼鳥!って写真だw。
1号
_IGP9398_IGP9403_IGP9404

親が飛んだ数少ないチャンス。かろうじて1枚引っかかってた。 ノートリ
_IGP9424トリミング
_IGP9424-3

_IGP9458_IGP9467

 

ホントは、7月中までは行きたいよねぇ。あと2週間くらいがいいところなのになぁw。
また来年も見れるといいな。

 

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900)

続きを読む "巣立って幼鳥"

2016/06/24(金)

今にも雨が落ちてきそうな天気。 11時過ぎにちょっとだけMy Field へ寄った。

池にカワセミがいるよと、教えて頂いた。 おぉ、池に来たのを見たのはホント久しぶり。
1年くらいは見てない感じ。 黒っぽい巣立ったばかりのチビちゃんだね。 うれしい。

ここ1年くらいの個体は、小川でも人が見えると逃げていく。まして池にはめったに近づかなかった。
近くで撮れず寂しい思いをしていた。 もっと前は、いつもカルガモと一緒に居て、カルガモが動くことで
魚やザリガニが出てくるところを狙っている賢いカワセミがいたんだよね。
どこで育った子なのかな? 居着いてくれるといいな。 イマイチエサが少なそうなんだけどね。

_IGP9066-2_IGP9120
ノートリ
_IGP9121
オオトリw
_IGP9124-2

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、  手持ち。

続きを読む "久々のチビカワ"

2016/06/19(日)のMy Field。

頭のポヤポヤの白い毛も殆どなくなり、自由に飛び回っているようだが、まだご飯ねだっている。
親が獲物を持ってくる時はすぐ分かるんだね~。 何処にいるのかわからなかった若数羽が鳴く鳴く。
必死の形相がまだかわいい。

オオトリ1枚。_IGP8696-5

 

時系列で。_IGP8688_IGP8693_IGP8696-2_IGP8697_IGP8713

 

今回はもらえなかったねw。

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、  手持ち。

続きを読む "めしくれ~!"

2016/06/18(土)

とうとう今週は現像で持たせたね(笑)。 ISO2500、SSは100前後ってことで当然いい画はないのだが、90FLで撮ってみて、今までよりかはいい気がする。やはり値段が高い分はあるのかなぁw。
遠征の最後はその他の鳥をざっと貼りまするw。

コルリ
_IGP8599_IGP8589_IGP8604

 

キビタキ
_IGP8387_IGP8392_IGP8391-2_IGP8424

ホオジロ
_IGP8207オオルリかキビタキの♀かなぁ
_IGP8076これはコサメビタキかなぁ
_IGP8446カケス
_IGP8310イカル
_IGP7991_IGP7977

今週末は天気が悪そうだなぁ? どこかへ行けるかな?!

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、  三脚。

続きを読む "避暑の池 終 (コルリ他)"

2016/06/18(土)

ここのメインはクロツグミ。 鳴き声が近づいて来てほどなく池の縁に現れる。
夕暮れ時、輪唱のように聞こえるクロツグミの声とともに水場に活発に鳥が現れ、あっちにもこっちにもと
双眼鏡を握る手に力が入る興奮はたまらない。 まぁ、写真にはならないので皆その前にさっさと帰るんだけどねw。
めったに行けない私達は出来るだけ粘るけど。。。。

_IGP8555

この日はクロツグミの鳴き声が意外と少なく、コルリの声もよく聞こえていた。
私は、このきれいな声の鳥達の聞き分けが苦手だ。 クロツグミ、オオルリ、キビタキ。
同じ系統の声に聞こえ、一度姿を見た後じゃないとどの鳥さんだったか自信がない。
コルリは始めにキンキンキンと前奏があった後、コマドリっぽい声が聞こえるイメージ。
マミジロはヒョロチィ と大きく短くが聞こえる感じかな。 でも一所懸命に聞いていると、
いつも最後はどれも一緒に聞こえ、区別ができなくなるんだよなぁ。

_IGP8371

以前友人と話していて、曲の歌詞が憶えられない度合が平均?よりかなり劣る気がした覚えがある。
メロディと一緒に聞こえてくる歌詞は、言葉ではなく、音として頭に入ってくる感じで、聞いていても歌詞の意味が理解できない。意味が分からないから憶えられないという感覚。だから何度聴いても憶えられない。 歌詞カードを見て、活字を頭が理解して初めて憶えられるんだな。 何度か聞いているうちに憶えるという友人達がすごいなぁ! と話をしたw。
なんだかそれに似た感じがあるのかもれない。YouTubeなんかで鳥の声を検索していろいろ聴いていると、もうわからなくなるね(笑)。

_IGP8571-2

水が光ってきれい
_IGP8313

 

雌♀
_IGP8526_IGP8618_IGP8564
クロツグミ、いっぱい撮るんだけど、
水浴びシーンはどれも似たようなもので、うまく表現できないね。
いつも写真はイマイチな感じで終わってしまうんだなぁw。
腕がないからBORGが泣いている!

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、  三脚。

続きを読む "避暑の池3 (クロツグミ)"

2016/06/18(土)

アオゲラ、アカゲラが来てくれた。
私の感覚では、アオゲラは近所でもわりとよく見かけるが、アカゲラにはなかなか会えない。居るにはいるんだけれど。
声もアカゲラの方が控えめで、会えると特に嬉しくなるのだが、 分布としては、
アオゲラの方が日本固有種で、本州以南≒北海道にもいないので、珍しがられることが多いらしい。
カラス族の、西のカササギ、東のオナガなんていうのにも似た感じなのかもしれないw。
映画The Big Year(日本名、ビッグ・ボーイズ)で、アメリカ人が珍しいアオゲラを見つけて有頂天になるシーンがあり、へぇ~そうなんだ!と何だかおかしな気分になったのを覚えている。

まぁ、どちらも会えてうれしい。
アオゲラの頭、雄は登頂から後ろまで赤、 雌は後頭部のみ赤
アカゲラの頭、雄は後頭部赤、 雌は頭全部真っ黒。
今回はどちらも来てくれたので違いが良くわかったよ!

アオゲラ♂。 バックして水に入り水浴びしたw。
_IGP8147_IGP8154_IGP8188

今度は♀。 赤い部分が少ないね。
_IGP8483

_IGP8467

_IGP8488

アカゲラ♂。後頭部赤いw
_IGP7917_IGP7935_IGP7955

こちらは♀。頭は真っ黒だ。
_IGP7999_IGP8000

コゲラちゃんも来てくれてたw。クロツグミと一緒で。
_IGP8061

AF-BORG90FL+Canon Close-up lens 250D + K-5ⅡS (約900) 、  三脚。

続きを読む "避暑の池2 (ケラ♂♀)"