MF29(コゲラ飛び出し)

カテゴリー 67FL, K-5Ⅱs,

2016/05/22(日)

腰はだいぶ良くなったが、遠出は出来ずMy Field。 今回はコゲラの飛び出しを撮ろうと四苦八苦。
今日にも巣立つか?という状況なのでもう一度撮っておこうとポイントへ。
機材がねぇと言い訳していたが、連写をしてもなかなか親の飛び立つシーンが取れない。

とれないので先ずはMovieで撮っておこうとw。 舌出し給餌鳴きシーン。

鳥友Wさんご夫婦のご主人が上手に撮っていらっしゃったので、SSいくらくらいですか?と聞いたら、1/4000と。 ええ~っ、 イ、ISOは?  これまた4000、5000と。
ん~目から鱗でした。 高感度良くなったらしいD500のうらやましさもあるけどね!

天気は良く明るくても、ポイントは日陰で暗い。 最近はノイズが気になるのでISOは何とか3桁に抑えたいとの気持ちが強すぎた。  ISO800で、木にカメラを押し付け半手持ち状態だったので1/400くらいでいけるかと過信していた。 被写体ブレもあるのにねぇ。
思い切って僕のカメラでは限界と思う3200へISOを上げ、SSも1/1600、1/2000、1/2500 と。
当然ザラつくのだが、止まったシーンも解像感がグンっと上がった。

そうだよねぇ。 SS1/400 手持ちでやっぱり手ぶれビブレがあったんだよねぇ。
歩留まりが悪くなってもISO下げSS下げて絞りも絞って練習練習と考えが強すぎたかなぁ。

ISO800、SS1/400
_IGP2792_IGP2794ISO1000、SS1/400 撮れない。 撮れんね。
_IGP2824_IGP2825_IGP2846ISO1000、SS1/1600へ上げる。フレーム隅に切れ切れだがひっかかってた。
_IGP3049ISO2500、SS1/1600 おおっ、
_IGP3107ISO3200、SS1/3200
_IGP3122ISO3200、SS1/2000
_IGP3163_IGP3162何とか引っかかってきたね。
修行が足りんなぁ~。

 

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) 、 半手持ちw。

sponsored link

♂、1964~。
Birder。 Borger。 猛禽好きのヒタキ好き。
多摩丘陵から鳥撮りに出かける。 渡良瀬遊水地近くに住みたいなぁ。

MF29(コゲラ飛び出し)” への2件のフィードバック

  1. こんばんは

    ISOとSSをどう設定するか、悩みはつきませんね~(^^)
    私はISO1600までは許容かな~とおもっています。出来れば800までには抑えたいけど。
    手持ちの時はSS1/800以上は必須。三脚でも1/400まではキープしたいです。
    山中湖の泉はISO2000まで上げても、SS1/100位だったので、とても厳しかったです。
    葉っぱも生い茂ってきたと思うので、さらに厳しくなっていることでしょう。

    D500の高感度は侮れないみたいですね。1年後の購入目指してお小遣い貯金を頑張らねば!

    1. mm0816さん、どうもです! 
      カメラの進化とともに特に変わってきたのが高感度だと思いますね~。4,5年前とは大違いです。当たり前だったストロボがないカメラが普通になってきましたから。メーカーやセンサーサイズの影響大ですが、ISOは過去の記憶で判断すると、実際とは離れた意見になる気がしています。まぁ、フォトコンテスト入賞くらいを前提としていたら また違った意見になるかもしれませんw。 私はいつのまにかPENTA党なので、K-1貯金が~(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です