2015/05/17(日)

16(土)夜、明日の天気は晴れなので、何処かいきたいなぁと思っていると、帰宅した家人の機嫌がいい。 そう。 浦和レッズ 4-1 FC東京 、今回は4点も入っての完勝。 チャンスだ!と鳥見に車使ってもいいか聞くと即OK。  😀  よし!、小太郎さん誘った。

少し時期遅だが、数年ぶりにフクロウさんに会えるかな?と、北関東猛禽フィールド遠征初夏バージョン。
フクロウ、トラフズク、サシバと、コアジサシなどをイメージ。 サシバには逢えなかったが何とかw。

ここのフクロウは5/12に巣立ちだったようだ。よく見つけたねという高~いところ。
葉っぱの間からまさにピンポイント。 会えて嬉しい。
_IGP0524-2_IGP0532-2 思いっきりトリミングw。
_IGP0553_IGP0539_IGP0571_IGP0573-2AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765)  、  一脚サポート。

続きを読む "フクロウ"

2015/05/16(土)

今日は週末には残念な雨予報。朝から少し降っていたが昼前には上がり曇天。
ここは、My Fieldへ行くしかないなと(笑)。
暗いマイルドな光の中、北のカップルは少しえさ運びしてくれていたので、舞い降りるシーンを期待して待った。 しかし、ことごとく外した。 3回はチャンスあったんだけどねぇ。相変わらず難しい。

空抜けでも、飛んでるところは撮りたいね。

_IGP9975

_IGP9874

_IGP9878

_IGP9852

 

 

一度は狙い通りに田んぼへ降りたが、後ろ向き。捕れた?

_IGP9883

 

さすが、虫っぽいのを咥えていた。

_IGP9896

 

2度目は目の前だったが、植え込みの中へ突っ込んで見えなかった。飛び上がるところ、
_IGP9946今度も捕れてるどうか?
_IGP9958さすが、今度もカナヘビをゲット!
_IGP9959_IGP9961これは別のカナヘビ シーン。
_IGP0081

 

飛び。
_IGP0124_IGP0123_IGP9997なかなかの器量良し。
_IGP9674
今日は、カメラマン数は少なかったが、いろいろな方と話できて楽しかった。

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765)  、 手持ち。

続きを読む "MF028"

2015/05/15(金)

MyFieldのチョウゲンさん(MF027)。
北側カップルの♀が、カナヘビあたりを狙って数度 畑などへ舞い降りていた。
が、一度も良いポジションで見ることは出来なかった。待てない短気人はあかんな~。
そろそろ孵化したんかな。

腹打ちの写真のみ。
_IGP9521-2
♀のお腹、卵抱いてたところは羽毛が抜けて裸になっているね。
自然の不思議、母の愛。
_IGP9657

こちらは♂。 全く普通のお腹。卵抱くことはないんだな。
_IGP9487

続きを読む "抱卵斑"

2015/05/11(月)

とてもクリアな天気だっったので、1時間程MFへ寄った。

チョウゲンさんは、そろそろ孵化する時期。メスが巣から出てきて羽繕いするのが目立ち始め、抱卵斑は少しづつ目立たなくなっている感じなので出てきたのかな?って雰囲気。

昨年はこの時期、カワセミもわりと撮れているが、今年はとっても警戒心が強く、全く近くに寄らせてくれない。

_IGP8628-2

_IGP8661

_IGP8598-2

_IGP8691

_IGP8692

_IGP8703

 

_IGP8680

_IGP8686

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765)  、  手持ち。

続きを読む "MF026"

2015/05/10(日)

今日は、高校生の次男とリトルターン・プロジェクトの調査講習会に参加して来ました。

_IGP8530

このNPO法人は、大好きな鳥の一つであるコアジサシの保全活動をしている。
コアジサシは環境省のレッドリストでは 絶滅危惧Ⅱ類 (VU:絶滅の危険が増大している種)に指定されている。VUは絶滅危惧種(表中真ん中の4つ)の中では一番低い4つ目のランクだけど、一時期話題になったオオタカでも今はその下の準絶滅危惧 (NT)なので、 保全活動大事だよね。 ま~猛禽はほとんど絶滅危惧種だけどねw。

 絶滅 (EX)  我が国ではすでに絶滅したと考えられる種
 野生絶滅 (EW)  飼育・栽培下あるいは自然分布域の明らかに外側で野生化した状態でのみ
存続している種

 絶滅危惧Ⅰ類 (CR+EN)  絶滅の危機に瀕している種
     絶滅危惧ⅠA類(CR)      ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの
     絶滅危惧ⅠB類(EN)      ⅠA類ほどではないが、近い将来における野生での
絶滅の危険性が高いもの
 絶滅危惧Ⅱ類 (VU)  絶滅の危険が増大している種
 準絶滅危惧 (NT)  現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」
に移行する可能性のある種
 情報不足(DD)  評価するだけの情報が不足している種
 絶滅のおそれのある
地域個体群 (LP)
 地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高いもの

                                     環境省 生物多様性情報システム より引用

さて、調査のボランティアって何をやるかというと、普段立入禁止施設の屋上にある昭和島の営巣地で、巣の位置、卵の数、ヒナの数を数えるんです。 営巣地の中に入って数十人が1メートルくらいの間隔で横1列になり、この1Mの幅をまっすぐ前にブルドーザーの如く目を皿のようにして踏まないように、そ~っとゆっくり歩きながら卵を見つけて記録していく。 今日はその知識の講習と見つける練習でした。

_IGP8557

卵はうずらの卵そっくりなので、その卵を使っての練習。 ここでは他にもそっくりなコチドリとシロチドリ、ヒバリの卵が今後見つけられるそうです。 もうすでに、本物が数個ありました~!
もう100羽以上のコアジサシが来てますね。

_IGP8545

バーダーやってるからには、鳥の生態にも興味あるし、保全活動のお手伝い出来るのはうれしいですね! 間近で巣や卵、ヒナを見られるってのもうれしいですがw。 もちろん写真はご法度ですけどね。

ですから、今日は終わった後、昭和島を歩いて、飛んでるところ少しと付近のシギチをちょこ撮り。

5/30(土)に最後の講習会があります。講習に出た人のみ調査ボランティア可能なので、予約してみたらいかがでしょうか?。

_IGP8553-2

続きを読む "リトルターン・プロジェクト"