3人組で ベニマシコ、ヒレンジャク。

sponsored link

2015/03/15(日)

久しぶりにWagさん、小太郎さん(笑)とのBORG3人組で楽しい鳥撮り。
宮ヶ瀬へ行って、座間、相模原経由で帰ってきた。
通常は 会いたい鳥を決めてから場所を決めて行くが、今回はこれといって鳥は決めず、
宮ヶ瀬辺り と場所からのアプローチでのんびりと。

最初はモフモフのエナガちゃん
_IGP2361
_IGP2369
_IGP2372
いつも薄い期待のクマタカ、ヤマセミには会えないが、ウソには会いたいと思っていた。
しかし、ウソさんにも会えず。 代わりと言っては何だが、ベニマシコはまだ居てくれた。
_IGP2517
_IGP2493
_IGP2499
_IGP2427
帰りの場所で思いがけずヒレンジャクに会え、キンクロをみて帰った。

_IGP2567
_IGP2543
まぁ、メインは撮影の情報やヒントをもらう会話。これが楽しい。
少しバックがノイジー
_IGP2605
今回、Wagさんの写真が数枚 アストロアーツの『デジタルカメラ野鳥撮影術 完全新版』に載った。

デジタルカメラ野鳥撮影術 完全新版 プロに学ぶ作例・機材・テクニック (アスキームック)
戸塚学 小田切裕介 伊達淳一
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-03-14)
売り上げランキング: 481

すごいね!! 僕ら仲間もとってもうれしい。 裏話なんかも聞けて楽しかった。

_IGP2478
ある程度、自分のスタイルが固まってきて 解像≒ピントとブレの技術向上は永遠の課題だが、
今、お互いに気になっているのがRAW現像の技術、ノウハウかな。
_IGP2587
オオトリしたが切れがなく甘い。後ピン?ブレもかな(SS1/320、ISO1000)
_IGP2598-2
銀塩写真時代の現像からそうだが、プロと一番差が出るところ。そして情報が出回らない。
だってプロたるゆえんの技術だと、まさに飯の種。自分の首を絞めることは出来ないからね。

_IGP2637
ここのところは奥が深いと思う。
_IGP2772
_IGP2797-2_IGP2696-3

ノートリ、ノーレタッチに拘る方もいらっしゃると思うが、レタッチと現像は少し違う。
現像(≒JPEG書出し)をカメラ(機械)に任せるのか、自分でやるかの違い。各カメラメーカーによって
癖や味があるように、自分の味が出せる可能性がいっぱい広がっているW。
_IGP2712
_IGP2734-2
_IGP2744
同じカメラ機材を使っていて、出来上がりの画が何であんなに違うんだろう?っていう
解の一つは間違いなくRAW現像だ。
キンクロつがい?
_IGP2815

_IGP2832
もちろん ピンボケとブレ写真だけはどうばんばっても現像で修正できないので、
何としても、ジャスピン ブレナシ 写真はマスターしたいなぁ!!
_IGP2806
_IGP2846

AF-BORG67FL + K-5ⅡS (765) , 一脚サポート。

スポンサーリンク
レクタングル大